« らーめん萬太郎【08年05月】 | トップページ | 富山市役所【00年03月】 »

鳴子温泉ホテル瀧島【08年05月】

【08年05月31日の出来事】

友人達と3人で一泊二日の湯治の旅です。3時少し前に到着しましたが、駐車場が満車の為、国道沿いの町職員駐車場へ車を止め階段を上ってのチェックインとなりました。

Imgp0488

一泊二食つきの宿泊料が6,500円なのでそれほど期待はしていなかったのですが、事前に情報を入手していた薬湯は期待以上のお湯で、湯上り後一時間近くたっても汗が引きません。

写真の上のほうが霞んでいるように見えるのですが、湯気が雲となっているのです。洗い場で立ち上がるとミストサウナ状態で肺からも温泉を堪能できる仕組みとなっています。

Imgp0502

夕飯は18:00から1階の大広間に集まっていただきます。部屋で湯冷ましの小宴会をお催した後に臨んだのですが、隣のグループは我々以上に赤ら顔でうるさかったので、まあどこでも同じだな・・・と。
料理も鳴子クォリティ程度(たいした物はない)と思っていたのですが、期待を裏切るおいしさでした。特にご飯が美味しいです。(米がいいのか水がいいのか炊き方がいいのか?)

Imgp0518

朝ごはんは7:00から1階の大広間でいただきます。
朝ごはんのおかわりは何年振りでしょう!それほどご飯が美味しいのです。

一人交通費込みで一万円で収まりました。部屋が少し古びている事、タオルと歯ブラシが無い事をのぞけば非常によい宿だと思います。

Imgp0487

男湯は雲って何も見えません

【浴室】
男湯、女湯、貸切風呂、薬湯(貸切制です。階段の降り口に入浴中の札を下げます。あがったら裏返すのを忘れずに)

薬湯は初心者は全身浴3分程度、その後足湯でしばらく浸かって最後に肩まで温まったらあがりましょう。とのこと。

ただし人によっても入浴法が変わるらしく詳しくは主人に聞いてみてください。親切に教えてくれますよ。
【日帰入浴】
可能です。夜も朝も地元の人が入浴しに来ています。ということはよほどいいお湯なのでしょうね。
【部屋】
とりあえずコンクリート造りでドアも防火ドアになっています。鍵もかかりますが古さは否めません。テレビ(無料)付
【注意事項】
タオル、歯ブラシはありません。布団は自分でひいて下さい。ご主人が話好きです。温泉について喋りだしたら止まりません。

|

« らーめん萬太郎【08年05月】 | トップページ | 富山市役所【00年03月】 »

温泉_県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/41465214

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉ホテル瀧島【08年05月】:

« らーめん萬太郎【08年05月】 | トップページ | 富山市役所【00年03月】 »