« 上野駅で新幹線待ち | トップページ | 鳴子峡 »

鉛温泉自炊部_2

Imgp1104 【08年10月11日】

3年ぶりに鉛温泉の自炊部にやってきました。

今回は連休ということもあって、3階の部屋だそうです。2階建だと思っていた建物に3階があったとは思いませんでした。
旅館部と自炊部は玄関が違います。(スリッパの色で旅館・自炊・日帰りを区別しているようです。

Imgp1092 まずは「桂の湯」へ行きます。幸いなことに空いています。ラッキーと思い露天を目指すと、残念ながら先客がいました。

次に入ったのは「白猿の湯」です。
ここは有名な立ち湯で、浴室が地下にあり、さらに湯船の深さが1.25メートルもあるのだそうです。

夜中に「河鹿の湯」に入り、温泉三昧を楽しみました。当然翌朝も、起きたらすぐに温泉です。

Imgp1096

自炊部に泊まっていますが、得々パック (1泊2食付)なので、夕飯(何と部屋食です)が出ます。

さすがに混んでいる様で、お膳が3階に来る頃にはご飯もお吸い物も温い状態です。
若干おかずが少ないとお思いでしょうが、最初からおりこみずみな為、若干の持ち込み料理があります。

飲んで食べて楽しい夜が更けてゆくのでした。

Imgp1099 朝食の方が豪華なような気がしますが、朝食用の持ち込み料理はないのでこれでちょうどいい量です。

焼き物は、何とベーコンエッグです。固形燃料が燃えつける頃にちゃんと出来上がります。

ご注意:浴衣、丹前は有料となります。洗面道具もご持参ください。

温泉っていいですね!!

前回訪問の記録 鉛温泉藤三旅館自炊部【05年08月】

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

|

« 上野駅で新幹線待ち | トップページ | 鳴子峡 »

温泉_岩手・秋田・青森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/42998733

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛温泉自炊部_2:

« 上野駅で新幹線待ち | トップページ | 鳴子峡 »