« 鳴子の紅葉 | トップページ | 味一 »

分水嶺

Sh380094 【09年10月25日】

鳴子から新庄方面に向かい、すごい混雑の鳴子峡を過ぎ、さらに朝早くから駐車場に車が一杯の「しんとろの湯」を通過すると、まもなく山形県に入ります。
最初の集落が「堺田」という所で、ここには分水嶺があります。
写真上から流れてきた小川が、右の太平洋側と左の日本海側にそれぞれ分かれて流れていきます。

Sh380089 近くには解説看板がたっていました。

この日はちょうど「分水嶺祭」なるイベントをやっていて、地元の皆さんが屋台を出して焼き鳥やら熊汁やらの食べ物類や、きのこや大根などの販売を一生懸命やっているのでした。
朝食直後でなければ熊汁をいただきたいところですが、食べ切れなさそうなので今度来た時にとっておきます。(いつ来るんじゃ!)

Sh380084x このあたりでは、秋景色は山だけではなく、身近に感じられます。
この小道を進んで分水嶺までたどり着くのですが、周りの休耕田の土手はススキに覆われていて、赤と黄色のシンフォニーです。

鳴子峡とは違い、あまり混雑しない場所での紅葉狩りを楽しむことが出来ました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

|

« 鳴子の紅葉 | トップページ | 味一 »

旅行_山形、福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/46603737

この記事へのトラックバック一覧です: 分水嶺:

« 鳴子の紅葉 | トップページ | 味一 »