« どんと祭は終了いたしました_2010 | トップページ | なか卯仙台北四番丁店 »

医療費について考えてみた

2010012101 【10年01月21日】

昨夜というか日付が変わるとほとんど同時に仕事から帰ってきました。
とりあえず寝ます。
明け方、吐き気に襲われます。
朝飯を食べることもできず、近所のクリニックに掛かります。
暮れのインフルが流行りだした頃とは違い、待合室には健康診断のご老人が一人おられるだけ。
受付で症状を話し体温計測しながら待っていると患者さんがポツリポツリとやってきました。
やがて順番が来て(健康診断って以外に時間がかかるものなのですね!結構待たされたような気がします。)ドクターに症状を話し、のどの確認を!次に胸とお腹の音を聞いてみましょう!と診察を行い、お腹の方の風邪でしょう!結構この症状も流行っているんです!お薬だしますのでしばらくは休んでくださいね!との説明です。
さて、これに掛かる医療費を調べてみました。
初診料として2730円、この症状に病名をつけて治療方針を立てるのに対する報酬のようです。このうち30円は電子カルテにかかる加算のようです。
処置料120円、おそらく診察の際にディスポの舌圧子を使用した分を口腔咽頭処置料として算定しているようです。
処方箋料860円、薬をあれこれ考えて処方箋を作成する報酬のようです。
約5分ほどの診察の費用ですが、このようになっているようです。
健康保険のおかげで3割だけの負担ですんでいますが(その昔は本人は無料だったのに!年がばれますね!!)、結構医療費ってかかりますね。

結局、薬石効無く、本日もお休みです!!

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

|

« どんと祭は終了いたしました_2010 | トップページ | なか卯仙台北四番丁店 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/47358904

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費について考えてみた:

« どんと祭は終了いたしました_2010 | トップページ | なか卯仙台北四番丁店 »