« 最後の高速1,000円_1 | トップページ | 最後の高速1,000円_3 »

最後の高速1,000円_2

Imgp2129 【10年05月04日】

高速1,000円が終わってしまうというので、我が家ではETCの威力を発揮するためにドライブに出かけました。
日光市街地に入ってからは渋滞にはまってしまい、40分ほどかけて日光東照宮大駐車場に到着します。
しかし、大駐車場も満車のようで、社務所脇(上の写真が社務所です)の関係者用駐車場に案内されます。(ちゃんと駐車料500円は徴収されます。)
おかげで「日光東照宮」へは一般駐車場よりは歩く距離が少なくてすみました。
この社務所脇の小道を歩くと「表門」のところへ出ることができます。
あまりの人の多さに、これでは何時間かかるかわからないと、「輪王寺」さんとの共通拝観券をあきらめ、「日光東照宮単独拝観券(1,300円也)」を購入します。Imgp2136

結構きつい階段を上り「表門」のところで、係員に「拝観券その1」をもぎりとられます。
門にはどう見ても「象」のような彫り物があります。しかも金色です。

Imgp2141 こちらはガイドブックにも載っている「三神庫」の「想像の像」の彫り物です。
きっとこの当時のトレンドは、この「象」と「麒麟」と「猿」なんでしょう。境内にはあちこちにこの三つのトレンドが彫られているのがわかります。
「猿」と「象」は動物園にいるのと同じように彫られているのですが、「麒麟」は動物園の麒麟ではなく、「キリンビール」の麒麟が描かれています。
どの建物もすばらしい彫が施されているうえ、色彩豊かに塗りが入っています。
江戸の時代にもすばらしい職人がいたんだと関心させられますが、まわりを見るとあまりの人ごみに現実にひき戻されます。
続く。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

|

« 最後の高速1,000円_1 | トップページ | 最後の高速1,000円_3 »

旅行_その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/48291749

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の高速1,000円_2:

« 最後の高速1,000円_1 | トップページ | 最後の高速1,000円_3 »