« 最後の高速1,000円_2 | トップページ | 最後の高速1,000円_4 »

最後の高速1,000円_3

Imgp2143

                                【10年05月04日】

「三神庫」の向かい側に位置する「神厩舎」(厩)のあの有名な彫り物「三猿」です。
この彫り物は、「見ざる、聞かざる、言わざる」のこの「三猿」が有名ですが、猿が馬を守るといわれてきたことから、猿を題材にして人間の一生を描いているのだそうです。

Imgp2156 御水舎で体を清めたあとは、また急な階段を人ごみにまみれて上り、「陽明門」をくぐります。さすがに「日暮門」(いつまで見ていても見飽きないとの意)と別名があるだけの門で随所にすばらしい装飾が施されています。
おそらくそれぞれに意味があり、それが解ればなお一層楽しめるのでしょうが、予習の時間が少なすぎました!!

さて、今回は、「日光東照宮単独拝観券」を利用しているので、「奥社」を参拝することができます。
その奥社への参道の入り口となっている門の上に有名な「眠り猫」が彫られています。(写真は失敗したので東照宮HPへリンク)
皆さん庫の小さな猫の彫り物を撮ろうと立ち止り、神主さん(彼の役割は交通整理係らしい)から叱られていました。

今日はここまで  続く

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

|

« 最後の高速1,000円_2 | トップページ | 最後の高速1,000円_4 »

旅行_その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/48302554

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の高速1,000円_3:

« 最後の高速1,000円_2 | トップページ | 最後の高速1,000円_4 »