« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

鳴子温泉滝の湯

Sh380477x 【10年07月19日】

川渡温泉の「巧味家」さんで昼食をいただいた後は、鳴子温泉の「滝の湯」へとやってきました。
おっと、マナーの悪い入浴客です。車が建物の前の車道に停めてあります。
この奥にある「吟の庄」が営業していた頃は、こんなところに車を停めようものなら、営業妨害だとご注意いただいたものですが、残念なことに譲渡先が営業再開に向け改装作業中のため、誰も注意をする人がいません。Sh380479

写真は裏側から見た「滝の湯」です。
源泉があり、そこのお湯溜から木製の樋が何本か建物の中に吸い込まれているのがわかります。
こちら側から見て右側が男湯、左側が女湯の浴場となっています。その浴場まで樋が延びていて、うたせ湯や浴槽や上がり湯にダイナミックに使われています。
さすがに混雑しているので浴場内の写真はありませんが、おそらく温度調節のための加水はあるのでしょうが、贅沢なお湯使いをしています。
せっかく来たのだからと30分ほどかけてタップリ入浴すると、帰りの車内は硫黄臭でムンムンです。
それでも、日帰りでも温泉は気持ちがいいものです。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巧味家_4

Sh380475 【10年07月19日】

この日は大崎市鳴子温泉とはいっても川渡温泉の近くの巧味家さんにお邪魔しました。

一人での訪問でしたが、小上り席の一つを占領します。
いただいたのは「鳴子味噌ラーメン(800円也)」田舎のらーめんの割には結構なお値段ですが、しばらく待った後に注文の品が運ばれてきたのをみると納得のボリュームです。
完食すると結構お腹一杯になります。
麺はつるつるしこしこで、結構な茹で加減でございます。タップリの野菜もいい感じでスープの邪魔をしません。

おいしゅうございました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

員外利用証カード

Imgp2299x 【10年07月10日】

久しぶり(といっても二ヶ月ぶりです)に訪れた農民の家で、員外利用者証カードなる物を作ってもらいました。
通常、員外利用者(ここは農業協同組合なので、宮城県に住所を有している者が出資金を出して組合員にならない限り員外利用者なのです。)が自炊棟に宿泊する場合は、運転免許証や保険証を提示し、その番号を控えられることとなります。
この証を作成するときに運転免許証のコピーをとられましたが、以後のチェックイン時はこの証を見せるだけでいいのだそうです。
なんだかんだで最近は結構利用させてもらっているので便利になりました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農民の家_1007

Imgp2297

【10年07月10日】

この日は久しぶりに鳴子温泉の農民の家にやってきました。1時過ぎのチェックインでしたが、自炊棟東館3階の部屋が取れました。
窓の外は大浴場の屋根が見えます。東館は大浴場、炭酸泉、硫黄泉から近いせいか、かなり人気が高い客室のようで、どうやら3階は満室になったようです。

Imgp2296室内は北館と変わらず4畳半和室に流しが付いています。
ファンコイルをまわすと心地よい冷風が吹き出して来ます。
さっそく大浴場、硫黄泉、炭酸泉と入浴します。
こまめにビールによる水分補給も行って湯あたりをおこさない様にします。
身体をリフレッシュさせることができました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン☆ビリー_8

Sh380472 【10年07月03日】

この日は急に仕事となってしまいましたが、昼の時間帯は何もすることが無いのでいったん帰宅、お昼ご飯は「ラーメン☆ビリー」へとやってきました。
店内はほぼ満員ですが、一人だったため、カウンター席へ待つことなく案内されました。
今回いただいたのは、「ラーメン(750円也)」です。全開訪問時より50円ほど値上げされてました。
席に案内されると「ニンニクお入れしますか?」と聞かれますので、これから仕事に戻らなくてはならないことを忘れて「野菜増し、ニンニク、カラメ、アブラ」と答えます。
やがて、注文の品が運ばれてまいります。

おいしゅうございます。

ラーメン☆ビリー

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺

Imgp2289 【10年06月27日】

おのぼりさんが訪れる場所といえば浅草です。てなわけで、やはりやってきました。人大杉のなか、しゃべっている言葉を聞くと、ここ数年の間にかなり中国人観光客が多くなったなと感じます。
てなわけで、かなりの数の中国人観光客と一緒に、雷門から仲見世に入り、本堂を目指すのであります。Imgp2290

曇り空なのにムンムンと蒸し暑く、もう夏だなと言う気候であります。
本堂はと言うと、平成の大営繕工事というのが行われていて、工事用のシートに一面覆われているので絵になりません。
観音籤を引かせていただいたところ、第11大吉と言う事で、「願い事はかなうでしょう」とのこと。
ここでも世界平和と日本の国の繁栄、そしてロト6が当たりますようにと願を懸けます。Imgp2294

さて、本道にお参りした後は、お隣の浅草神社の境内で大道芸が行われているのでそれを眺めてみます。
今回は猿回しをやっていました。
中国人はマナーもへったくれも無いので、少しの隙間から我々の前に割り込んできます。しかも、中国語でおしゃべりをしながらで、真剣に芸をみていないのです。
熱心なお姉さんと猿君の芸に免じて手打ちだけはやめておきましたが、危なく国際問題に発展するところでした。
突然決まったTYOの旅でしたが、子供4号は大喜びでありました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワー_2010

Imgp2275 【10年06月26日】

愛宕山で愛宕神社にお参りしてNHK放送博物館を見学した後は、おのぼりさんの憧れの地「東京タワー」へと約3年振りでやってきました。

密かに、東京タワーを階段で昇ろう!(ノッポン公認 認定証付き) で挑戦しようと思っていたのですが、優しい家族から「あなたは残業が続いて疲れているのだから!」と言われ、断念させられました。
写真はやがて新名所となる「東京スカイツリー」を撮影したものです。かなりの高さまで出来上がっています。Imgp2276

お決まりではありますが、展望台の1階にはルックダウンウィンドウがあるので、そこから真下を撮影してみます。
今回も、おどけたオヤジがガラスの上で飛び跳ねて、びくともしないことを確認していました。
ひょっとすると、ここのガラスはこのようなオヤジたちに四六時中飛び跳ねられているので、標準の耐久年数まで持たないかもしれません。
あちこち見ていると、だんだん人が多くなってきました。これ以上人が集まると、人の重みで展望台が壊れてしまうと大変なことになってしまうので、そうなる前に地上に向かいました。(せっかく用心したのに、展望台が壊れることは無かったようです。)

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK放送博物館

Imgp2271 【10年06月27日】

愛宕神社のお隣には、日本放送協会の放送博物館があります。

ここは、訪れる人もあまり無く、のんびりと放送の歴史を学ぶのには相応しい施設です。
お上りサンなので荷物をいっぱいぶら下げて訪れたのですが、入り口のお姉さんに「お荷物をお預かりいたしましょうか?」と声を掛けて頂き、身一つで見学することができました。
展示内容としては、NHKの生い立ちからテレビ放送技術の進歩について、最後は最新の大河ドラマの作成の裏話までと、結構楽しめる内容となっています。一時間以上かけて楽しめました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛宕山

Imgp2256 【10年06月27日】

せっかく新橋愛宕山東急インに泊まったので、次の日はお隣の愛宕神社にお参りします。
写真はホテル横にある「出世の石段」です。
どうやらこの急な石段は出世にご利益があるらしいのですが、出世には縁の無い404ですからこんなキツイいばらの道は歩かず、回り込んだところにあるエレベーターを使ってお気楽に登ります。
Imgp2270 ちょうど参道には、茅の輪が用意されていました。
茅の輪くぐりは八の字状に三回くぐるのだと仙台東照宮で教えられた記憶があるのですが、ここの参道は狭くて通り抜けるのがやっとです。
仕方ないので穢れが清められることを念じながらくぐり、さらに招き石で福を身につけたところで、世界平和と日本の経済が上向くこととロト6があたることを祈願したのでした。
世界のこと、日本のことは他の方も祈願してくれているでしょうから、自分のことがかなうといいな!!と思いながらお願いしたので、そのうち大当たりが来るかもしれません!!

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋愛宕山東急イン

Imgp2250x 【10年06月26日】

ただでさえ連日連夜の残業で疲れているのに「ねずみの海」で一日中人大杉の状態でさらにくたくたになったところで、ようやく本日の宿「新橋愛宕山東急イン」に到着しました。
あまり広いとはいえない室内に二人で休むには狭すぎるベッドですが、TYOのパックで往復新幹線+宿泊料が一人14,000円なので仕方がありません。往復を貸切ツアーバスで手配してもこのクラスのホテルに泊まったのではこの金額では収まらないのですから。
Imgp2251 さっそくお風呂にお湯をためてゆっくりと入浴タイムです。
アメニティも充実しています。これで入浴剤があれば文句が無いところでした。
窓の外に見える東京タワーがとても綺麗です。
都心なのにとっても静かな場所にあるホテルです。どの駅からも中途半端な距離であることを除けば、申し分の無い宿です。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目 けいすけ 海老そば外伝

Imgp2247 【10年06月26日】

ねずみの海で人大杉を体験した後は、京葉線で東京駅まで戻ったところで東京駅一番街の「二代目 けいすけ」で夕飯をいただきます。
今日のメニュウは「濃厚海老つけめん(850円也)」となります。店内はそれほど混んではおらず、券売機で食券を買って、すぐにカウンターの席に通されました。
しばらく待つと、どこぞのテレビで見たことのある変わった形の器に盛られた注文の品がやってまいりました。
お味のほうはといいますと、地元贔屓で申し訳ありませんが「とがし」のほうが洗練された味わいがあるような気がいたします。
それでも十分おいしゅうございました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずみの海_201006(その2)

Imgp2222

【10年06月26日】

なんだかんだいってもおもてなしの心までアメリカナイズされているねずみの海です。あちこちにキャラクターがいます。

Imgp2226x  これがこのねずみの海に来ないと買えない熊のぬいぐるみの「ダーフィー」の着ぐるみらしいです。

どのアトラクションも1時間近く待たなくてはならない状態です。(子供4号が乗りたがっていたタワー・オブ・テラーは、なんと200分待ち!!1時間くらいなら並んで待つといっていたのですが、あきらめてくれました。

Imgp2240x アトラクションに並んで乗るばかりが能ではありません。結構歩いているだけでも楽しめます。
と悔し紛れにいいますが、昼ごはんに30分も並んでようやく食べられるっていうのはやはり人多すぎかと!
今度来るときは寒い冬場の平日にします。

雨が降り出したら土産物屋まで入場制限がかかってしまいました。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずみの海_201006(その1)

Imgp2219 【10年06月26日】

この日は先月から身体を酷使して仕事にがんばっているので残業代が少しは入るだろうから一緒にねずみの海に行ってあげるという優しい家族の企てにより、朝も早くから新幹線(深夜バスではないというところがリッチさを物語っています。)でやってきました。
舞浜駅から徒歩10分程度の場所にあるねずみの海ですが、一方通行のモノレールに乗って、あと一駅で振り出しに戻るところまで移動します。Imgp2221

この車両は、窓がねずみ型にくり貫かれていると思ったら、吊革までもねずみ型です。
この日は、ねずみの楽園の方は混雑で入場制限がかかっていて、新参者はねずみの海へ誘導されるようになっていて、モノレールの車内はどこまで行っても混雑したままです。
ようやく目的の駅まで着いた所で、ほとんどの皆さんが一斉に下車されます。
Imgp2223 ここからみなさん長蛇の列を作ってチケット売り場に並びます。
新幹線を降りてから入場するまで1時間半もかかりました。
11時を過ぎた園内は、どのアトラクションも行列ができています。
やはりここへは新幹線より深夜バスで来たほうがいいのではないかといってみたのですが、家族とは意見が合いません!!
園内で早めの昼食とビールをと進言したのですが、それも却下されてしまいました。
続く    
ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

杜_201006

Imgp2218 【10年06月26日】

朝早く、仙台駅のコンコース側から「杜」で朝食を。
入り口の券売機では先客のおばあさんがどうしてもなす素揚げそばを食べたいということで固まっていらっしゃいます。ついに、後ろで約1分待たされた404に「どのボタンを押せばいいのか」と尋ねてきました。
残念なのですが時間限定で10時以降にならないと食べられないのでいったん券売機の順番をを私に譲ってあと3時間ほど待つように教えてあげたのですが、今度は「冷やしたぬき」はどのボタンを押すのかと聞いてきます。Imgp2217

てなわけで、かなりの時間をおばあさんにもてあそばれ、やっといただくことができたのが、えびかき揚げそばです。

お味のほうは神田の方が若干おいしいかなと思いますが、早い!!を考えると通常はこちらに軍配が上がるのですが、この日に限っては神田のそばのほうが良かったと思えるのでした。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴子温泉ホテル瀧島【10年06月】その2食事編

Imgp2202 【10年06月19日】

午後6時になると宿の方がいっせいに各客室のドアをノックしながら「お食事の用意が出来ました」と告げて回るのです。
午後6時といえば、「人生の楽園」という、会社勤めが嫌になって早期退職した世捨て人の自慢話を描いた大好きなテレビ番組に時間なのですが、ここは我慢して一階の宴会場に降りていきます。
ここの食事は宴会場に集められて一斉にスタートする仕組みです。
何と、我々のほかには3組しかいません。
薬湯が混んでいたのはほとんどが外来入浴のお客さんのようでした。ただし、朝食のときはもう2組ほどお膳が増えていたようなので、案外素泊まりとか朝食のみとかいうお客さんもいるのかもしれません。
食事の内容はというと「鳴子クォリティ」(あまりおいしくは無い)なので、食事の付かないプランでも良いのかも知れません。

Imgp2214 さて、こちらは朝食になります。
こちらも準備ができると宿の方がドアをノックして「食事の用意が出来ました。」と告げて回ります。
朝食としては必要以上のおかずもあり、朝はこんなもんでしょうと納得できます。

しかし、ここの薬湯はパンチの効いたお湯で、入るとかなりの疲労感におそわれます。そのため、入浴後は横になって体を休めるため、疲れのたまった身体にはとても効果がありました。
また、発汗作用があるため、蒸し暑いこの時期は1時間近くも汗をかき続けます。
水分補給にビールを若干持ち込んだのですが、夕食前には飲み干してしまいました。
ここは冷蔵庫が無いのでクーラーボックスは必須です。
また、タオルや歯ブラシも付きませんので持参してください。

一泊二食付7,080円也  なんだかんだで超お得な宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴子温泉ホテル瀧島【10年06月】その1

Sh380470 【10年06月19日】

お仕事が超繁忙期ということでしばらく更新ができない日々が続きました。
その間もやることはやっていたので(?)撮りためていた写真はたくさんあります。

てなわけで、分水嶺を観光した後は、鳴子温泉の瀧島にやってきました。
本日は疲れた体を癒すため、このお宿に宿泊となります。
1時半過ぎという宿には迷惑な早い時間にチェックイン。まずは貸し切り制の薬湯に向かいます。
先客のご夫婦が入ったばかりのようで、20分ほど待たせていただきました。待合の椅子に座っていても熱気がムンムンするのであります。Sh380471

ようやく先客のご夫妻があがってこられ、(お先しました!と礼儀正しいご夫妻でした。)薬湯に入ります。
ただでさえ蒸し暑いのに、熱気が充満しています。
が、しかし、先ほどのご夫妻が窓を開けっぱなしでいかれたので、せっかくの薬湯の熱気が半減です。
そのままでいいよというぶうちゃんを無視して、さっさと窓を閉めます。
タップリ20分ほどお湯に浸かると、日ごろの疲れと相まって、階段を3階分上がって部屋へたどり着くのがやっとの状態でした。
さっさと布団を敷いて(ここは布団は各自でひくシステムです。)お昼ねタイムでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »