« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

銀の匙

Imgp2403 【10年09月18日】

農民の家自炊部で部屋を確保した後、鳴子の旧町役場の前にある「銀の匙」を訪れました。
駐車場は「ゆけむり駐車場」の案内が張ってあったのでお店専用のものはどうやら無いようです。
ちょうど404が入店する直前に前のお客さんが入店したところらしく、そちらの2人組にお冷をお出ししている所での入店となりました。
店の親父さんはマルチタスク非対応型らしく、こちらの相手をしてくれないので勝手にテーブルに陣取ります。やがて先客の応対が終わると、メニューとお冷を持ってこちらにやってきます。
「カニクリームコロッケ定食(800円也)」を注文します。
親父さん一人のため時間は少しかかりますが、町の洋食屋さんにしては出来過ぎな位です。
ジューシーで中まで熱々。しかもタルタルソースがこれまたうまいうえに野菜たっぷり。
大変おいしゅうございます。
鳴子にうまい店は無いと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 鳴子温泉駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博華

Sh380543 【10年09月19日】

大崎市古川にある「博華」さんへとお邪魔しました。
ここは住宅地にある出前が忙しい中華料理店です。我々がお店にいる間中、ひっきりなしに出前の注文の電話がかかってきていました。
「タンタン麺(750円也)」という、通常のタンタン麺とは違う異次元空間の食べ物(感じ方には個人差がありますのでご注意願います。)がここの名物らしいのです。(お客さんも出前もほとんどの人が注文しています。Sh380542

唐辛子の粉をあんかけにしている様な、ものすごく熱くて辛いスープです。
具はひき肉とたまねぎ、それに生姜とにんにくが使われているようです。

食べ終わるころには身体の中から汗という汗が噴出してきて大変なことになっていました。

ぜひお試しあれ。

関連ランキング:定食・食堂 | 古川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農民の家_1009

Imgp2402 【10年09月18日】

9月にはいっても暑い日が続いています。
404は9月の週末はずっと鳴子で過ごしている様な気がします。
さてそんなわけで今週は予約の要らない手軽な宿「農民の家」へとやってきました。この日は12時ころのチェックインでしたが、昼間はほとんど人がいなく寂しい状態でした。
これなら大丈夫と思って夕方「水風呂」(炭酸泉のこと)にいってみたのですが、ここだけは別世界で、浴槽に入りきれないほどの混雑ぶりです。この日はあまり農民の家では見かけなかった「ワニ」さんまで生息していました。
一緒に行ったおじさんはワニとデブのせいで「水風呂」には入れなかったと怒っておりました。Imgp2405

翌朝はなんと8時ちょっと前まで熟睡しておりました。
今回は朝食を予約しておいたので、慌てて一階の食堂へと向かいます。
夕食はほぼ完全予約制と聞いていたのですが、朝食は余裕があるようで、フリーの客も食べることができたようです。
それなりのお味ではありますが、ご飯2膳も食べて満腹です。
最後の〆にバブルの湯に入浴して硫黄臭いのを落とします。
それでも帰りの車の中は鳴子温泉帰りなのが誰からもわかる状態でした。
鳴子温泉恐るべしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三福

Sh380538 【10年09月14日】

利府街道を利府に向かっていって、ちょうど宮城スタジアムへ左折してすぐの右角にある(こんなこと言っても分からないだろうと思いながらも説明しています)「三福」さんへお邪魔しました。
辛うじて車が止められたところでしたが、店内はまだ若干の余裕がありました。カウンター席を確保します。
いただいたのは「醤油ラーメン(確か700円だったかと!)」の細麺です。
後から来たお客さんが、醤油には細麺と平打麺とどちらが合いますかとお店の人に聞いて「平打麺の方です」といわれていました。
失敗した!と思ったところで注文の品が登場します。
大丈夫。細麺でも十分においしいです!!

関連ランキング:ラーメン | 岩切駅新利府駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴子温泉ホテル瀧島【10年09月】その2

Imgp2384 【10年09月11日】

ちょうど6時になると、宿の係が各部屋に食事のできたことを知らせて歩きます。
広間は、団体客とそれ以外で分けられていました。
まずは乾杯用のビールを頼みます。
13時過ぎから部屋でチビチビ呑んでいた404にはちょうどいい量のお膳です。
何も残さずに食べることができました。
Imgp2395 翌朝は、起きるなり薬湯に入ります。
その後、8時までテレビを見てすごしますが、広間に行ってみると一番最後の組となっていました。
朝食も必要十分な量のお膳です。
みそ汁がしょっぱすぎるのと、お茶が薄すぎるのを改善していただければなお一層美味しく食べることができるでしょう。

木曜日の午後に腰をひねってしまい、金曜日は整骨院で暫らくは休みなさいと勧められた程ひどかったのですが、薬湯のおかげで回復したような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴子温泉ホテル瀧島【10年09月】その1

Imgp2380 【10年09月11日】

鳴子温泉ホテル滝島へとやってきました。
ここはホテルと名の付く国民宿舎です。チェックインは12時から(一応、この前はチェックアウトしようとした10時にチェックインしようとしている客がいました。あまり時間にはこだわらないようです。)
ただし、布団の上げ下ろしは自分で行わなくてはなりません。
また、歯ブラシ、タオル、バスタオルの用意はありませんので持参が必要です。部屋に冷蔵庫もありませんので、常識の範囲内で持込を行おうとすればクーラーボックスも必須です。
なかなか汗のひかない温泉の為か、浴衣だけは人数分以上用意してあり、着替えることができます。
さて、13時前にチェックインしようとしたところ、学生の団体さんが先に到着して駐車場が満車となってしまいました。少し離れた場所に駐車して、クーラーボックスを持って移動します。さっさと薬湯に行かないと先に学生に入られてしまうと荷物を置いたらすぐに地下の薬湯を目指します。
入浴中の札が下がっている為しばらく待つと、通りかかった宿の人が「あらずいぶん長いわね。ちょっと見て来るから。」と様子を見てきてくれました。案の定、札を返し忘れたようで、誰もおらず、みごとに待ちぼうけを食らったのであります。Imgp2381

薬湯の脱衣場には籠が6個もありますが、中は4人が入れば一杯になりそうな大きさです。同時に着替えるのも3人が限界かというところです。Imgp2382

誰かが窓を開けっ放しだったので、せっかくのミストサウナ状態を味わうことはできません。まず真っ先に窓を閉めます。
お湯も出しっぱなしになっていた為、かなり水でうめないと入れない状態です。
15分ほど浸かっていたのでしょうか?身体中の汗腺が開いたという感じになりました。
さあ上がろうと立ち上がった瞬間、ミストサウナの雲海の中に上半身が入りました。身体を拭いている間、身体の中からも温泉を満喫することができます。
結果、一泊で6回も薬湯に入ることができました。
団体客は宿泊料の安さにつられてこの宿に来たらしく、どうやら温泉にはあまり興味がないようです。
次は食事編

| | コメント (0) | トラックバック (1)

生蕎麦 登良家

Imgp2377 【10年09月11日】

鳴子温泉はちょうど鳴子ホテルへ登っていく分かれ道のところにある「登良家」さんへとお邪魔しました。
ちょうどお昼時だというのに他にお客さんはいません。
念のため「こんにちわ~」と来店をアピールしてから席に着きます。このお店のお勧め「鴨せいろ(840円也)」をいただきます。
注文をしてしばらくすると観光客風のオジサン3人組の次のお客さんがやってきました。
やがて注文の品が運ばれてまいりました。
冷たい蕎麦に温かい鴨汁。値段の割には鴨肉の量が多いかと思われます。
それなりのお味でございました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 鳴子温泉駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんみ 泉店

Sh380530 【10年09月07日】

泉中央にある「まんみ」さんへとやってきました。
お昼時のため店内は結構込み合っていますが、カウンター席へ待たずに案内されました。
ここは確か「五目焼きそば」が美味しかったとメニューを見ると、「五目焼きそば」と「五目揚焼きそば」があります。何を勘違いしたのか「五目揚焼きそば(830円也)」を注文しました。
しばらく待つと注文の品がやってまいります。やはり勘違いです。ここでおいしかった記憶があるのは「五目焼きそば」の方でした。
それでも、野菜タップリの五目餡と揚そばとの見事な調和!
おいしゅうございます。

関連ランキング:中華料理 | 泉中央駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん

Sh380532 【10年09月08日】

泉区は泉中央にある「たいらん」さんにお邪魔しました。
暑い日が続いているせいか、お昼時なのにそれほど混んではいませんでした。待たずにカウンター席に案内されます。
頂いたのは「幸福炒飯(740円也)」です。メニューに「腹いっぱいの願いを込めての大盛り五目チャーハン 」とコメントされている通りの大盛チャーハンでした。大盛スープまで付いていてお腹一杯になりました。
お味のほうもそれなりです。
おいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館大沼(その3)

20090905180118 【10年09月04日】

東鳴子温泉旅館大沼の食事です。
まず夕食から。献立表はありませんでしたが、結構な品数のお膳です。
18時に仲居さんがお膳を運んできてくれました。一度に運ばれてくるので熱々というわけにはいきませんが、鳴子クォリティ(温泉はいいけど料理はちょっと!)だろうと思っていた404には結構おいしくいただけました。量も多すぎず、余す事無く頂けました。
ごはんもさすが米どころ!と思わせる美味しさでした。
食後はフロントに電話して下膳をしてもらい、布団を引いてもらいます。

20100905080020 朝食は、朝の八時にフロントから電話が来て、部屋を出て左に広間があるのでそこに移動して召上がれとの事です。
ここで初めて自炊部2食付プランの皆さんと顔合わせです。404の他は、50代のご夫婦が一組、あとはお一人でこられた中年オヤジが4人ほどでした。旅館部の皆さんは一階の広間でお召し上がりのようです。
朝食もご飯が美味しくおひつの中は空っぽになりました。

食後に最後のお風呂をいただき、帳場で清算をします。2人で17,980円(入湯税含む、夕食時に部屋の冷蔵庫のビールを頂いた分も含みます。)でした。
この風呂、この食事、この接遇なら満足です。
また来たいと思わせる宿でした。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館大沼(その2)

20090905141320 【10年09月04日】

東鳴子温泉にある旅館大沼にやってきました。
チェックイン後、まずは一階の「家族風呂」へ行って見ます。
更衣室も二人では狭い感じです。浴槽も一人でいっぱい、二人はぎりぎりという大きさです。お湯は赤湯を使っているようです。
洗い場にはボディソープ、シャンプー類がきちんと完備されており、帳場に近いせいかこまめに清掃を行っているようです。20090905145904

三時少し前に部屋に電話がかかってきました。「母里の湯」行きの準備が整いましたのでタオル持参で玄関までおいでくださいとのこと。玄関には宿の車が待っていてくれました。3分ほど離れたところにある「母里の湯」は森の中にある趣のある貸切露天風呂です。先客から「お先しました。」と声をかけられ交替で貸切風呂を堪能します。
こちらのお湯は青龍泉を使用しているようです。
あっという間に30分が過ぎ、迎え(次の客を乗せた)の車がやってきました。
20090905161404 さて、この日の三番目のお風呂は、自炊棟4階にある「陽の湯」です。
ちょうど窓から陸羽東線の線路が見えます。列車の走行風景が見れればいいなと思ったのですが、残念ながらローカル線のためその時間ではありませんでした。
洗い場にはボディソープ、シャンプー類がきちんと完備されています。
こちらのお湯は赤湯を使用して、炭をお湯に沈めているようです。20100905043850_2

翌日の早朝、貸切露天風呂「石割の湯」へとやってきました。
簾がいい感じだけどこの外はどうなっているのかと外を覗くと、岩組みのすぐ先が、この旅館の別な建物となっているために目隠しとして使われているようです。
こちらは青龍泉を使用しているようです。

20100905053112 だいぶ日が昇ってきました。
こちらは、自炊棟4階に「陽の湯」と並んでいる「陰の湯」です。
窓からは陸羽東線の線路と隣の旅館「ニューあらお」を見ることができます。
こちらの方が「陽の湯」よりは広く、無理すれば親子が一緒に入るのにはいい大きさです。
洗い場にはボディソープ、シャンプー類がきちんと完備されています。
こちらのお湯は赤湯を使用しているようです。浴槽内には薬石が埋め込まれているのだそうです。

一泊で全ての風呂に入るのは非常に厳しいと思います。大浴場と女風呂を除いては貸切となっていて若いカップルにでもちょうど良さそうな宿です。(実際は若いカップルは一組だけで、中年夫婦(404を含む)が何組かと、単身の中年親父が数人という感じでした。)
各浴室にはボディソープ、シャンプー類がきちんと完備されています。結構まめに風呂の掃除をしているようで、好感が持てました。
また泊まってみたい宿ですね。
次は食事編

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館大沼(その1)

20090905140852 【10年09月04日】

東鳴子にある旅館大沼にやってまいりました。
チェックインには少し早い13時50分ころの到着となりました。
駐車場の場所が分からないので玄関の前に車を停めて「こんにちわ」と声を掛けると、エンジンを切って鍵だけ付けておいてくださいとのこと。甘えさせていただきます。
帳場で宿帳(フロントでチェックインの手続きという言葉は似合いません。)へ記入すると、ロビーのソファへと案内されます。程なく抹茶とお茶請けのお振る舞いがあり、女将から「はるばるようこそ。当地ではこけしコンクールが開催中なので帰りに立ち寄られてはいかが?」とご挨拶がありました。作法もわからずにいただいたのを見計らったかのように女中さんが風呂の案内をしてくれながら部屋へと案内してくれます。
自炊部の部屋に旅館の二食が付くプランのはずだったのですが、部屋は旅館の6畳間+広縁(洗面台と冷蔵庫(持ち込みスペースは無し)とタオル掛けがありますが、それだけで一杯です)に案内されます。
昭和の香りのする木造建築ではありますが、きちんとメンテナンスがされており、清掃もしっかりしてあるので問題はありません。
トイレは部屋を出てすぐの所にあります。トイレ(シャワートイレになっています)への出入りがうるさいかと思ったのですがそれ程でもありません。
エアコンも完備されており、少し前から稼動していたようで、部屋が暑いなどとは感じませんでした。
女中さんからは、貸切露天風呂「母里の湯」の時間が15時から30分取れるので如何かということ(多客期は宿側がチェックイン順に時間を指定する方法のようです。もちろん了解と答えております。)、夕飯は18時に会食場か部屋食かを選べ、会食場を選ぶ人が少ないのだけど実は部屋に匂いが篭もらない野でお勧めなこと(部屋食でとお願いしましたが、結果お勧めの方が良かったと反省)、朝食は朝8時になり、場所は電話連絡が来ること等の細々とした案内をもらい、浴衣が標準サイズしか備え付けてないので特大を持ってきますということになり、「それではごゆっくりとお寛ぎください。」と退室していきました。
従業員教育がなかなかできている宿だと感じました。

次回はお風呂編

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎壽庵

20090905133834 【10年09月04日】

川渡の温泉街から「ここから1分」の看板に誘導されて3分くらい車を走らせると「蕎壽庵」さんに到着します。13時を回っているのにお客さんはひっきりなしにやってきて、おしゃれな店内は常に満席の状態です。
404は辛うじて2人がけの小テーブルに席を確保できました。

20090905132748 いただいたのは「もりそば(800円也)」
混んでいるので結構待たされます。
やがて、おしゃれな大皿に薄く盛られた細めのそばがやってきました。
それほどのそば通ではないのですが、一口目はまず素のままでいただきます。そばの打ち方、ゆで方ともに、なかなかいい感じです。
二口目は汁につけて食べてみます。そばに負けている感じがしますが、それなりのお味です。

美味しくいただくことができました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 鳴子御殿湯駅川渡温泉駅鳴子温泉駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば嘉一_2

Sh380516 中華そば嘉一さんへと二日連続でお邪魔しました。

ここは無化調鶏スープがおいしいお店です。カウンター席だけなので食事時は結構混んでいますが、ちょいと一杯の後は待たずに座れます。

Sh380513

【10年08月30日】

「塩中華そば(780円也)」をいただきました。

鶏スープにそのまま塩のしょっぱみが加わっただけの味です。
平打ち麺は硬すぎず柔らかすぎずのとてもいい感じです。
細切りのメンマはスープの味を邪魔しない薄味に仕上がっています。
チャーシューも当然鶏です。噛めば噛むほど鶏らしい味が染み出してきます。
大変おいしゅうございます。Sh380515

【10年08月31日】

「中華そば+ネギ(680円+100円)」をいただきました。

404的にはこちらの方が好みの感じです。鶏スープと醤油ダレが絶妙なバランスで更に美味しくなっているのでございます。
トッピングのネギも鶏とはベストマッチでございます。

大変おいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にらなんばんらーめん香麺

Sh380511 【10年08月29日】

塩釜にある(とはいっても多賀城からちょっと入ったところ)香麺さんにお邪魔しました。
「ラーメン二郎」を目標に独自流を加えて病みつきラーメンに挑戦しました。と店内に掲げてあります。
ここまでいわれれば、当然二郎系を頼まないわけには行きません。
「豪めん(730円也)」をニンニク増し、辛味増し、大盛(この日はサービス件を持っていなければ大盛無料なのだそうです。)を注文します。Sh380512

ニンニクが焦がしニンニクになっていること、チャーシューが若干薄切り(それでも普通の店のチャーシューよりは厚いのであります。)なことをのぞけば、かなりジャンクフードに近い感じであります。
まずは野菜を一口。
たぶん調理の最後に野菜の上から熱したアブラをぶっ掛けたのではないかというほどアブラまみれです。

先ほどは失礼しました。これなら間違いなくジャンクフードの仲間に入ります。

まあまあおいしゅうございます。
(これは個人の感想であり、各々の味覚によっては感じ方がさまざまとなりますのでご自身の判断のもと注文をされることをお勧めいたします。)
お昼には少し早い時間だったのですが、店を出るころにはほぼ満席になっていました。

関連ランキング:ラーメン | 塩釜駅下馬駅西塩釜駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石線

Sh380508 【10年08月29日】

仙石線(せんせきせん)の車両基地、仙台車両センター宮城野派出所です。
日曜日なだけあって現に運用についている車両よりここでお休みの車両の方が多いようです。

ここを訪れる鉄道マニアには、この日は遭遇しませんでした。

長閑な日曜日です。

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中そば店_2

Sh380507 【10年08月28日】

長町駅前にある「田中そば店」を久しぶりに訪れました。
このお店は、ビルの屋上に有料駐車場があるのですが、30分以内ならそのまま利用することができますので、混んでさえいなければわざわざサービス券をもらわなくても大丈夫のようです。
この日も、食券を購入するとカウンター席へと案内されました。
店内を観察していると、程なく注文の品「「山形辛味噌ラーメン(800円也)」が運ばれてまいりました。
辛いけれども食べられない程ではない。実に微妙な味の辛味噌です。
大変おいしゅうございました。

いつの間にか「らーめん」のこってりを始めたようです。(食券を渡すときにオーダーするシステムのようなのですが、気がつきませんでした。)次回は挑戦してみましょう!!

関連ランキング:ラーメン | 長町駅長町南駅長町一丁目駅

ワンクリックをお願いします。 仙台人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »