« さっぽろ純連 仙台店_6 | トップページ | 旅館大沼【11年01月】(その2) »

旅館大沼【11年01月】(その1)

Sh380129_2【11年01月22日の出来事】

東鳴子温泉旅館大沼にやって来ました。
午後2時のチェックイン開始と同時に車を正面玄関に横付けし、帳場で「車をおねがいします」と声をかけ、宿帳の記載を終えるとロビーのソファに通され、抹茶のおもてなしを受けます。
ちょうどお茶を戴いたころあいを見計らって「失礼ですが初めてのご利用ですか?」と仲居さんが尋ねてきます。「雪見風呂も良いよと教えられたのでまた来たよ。」と答えると、ここの風呂の流儀は省略してもいいか?と問うのでOK牧場と答えます。
Sh380130

ではお部屋へ案内しますということで、自炊棟2階へと案内されます。
「母里の湯」へは2時半に一番風呂で案内すること。夕食は18時に部屋に運んでくることと必要最小限を伝えられ、旅の荷を解きます。窓の外には「ニューあらお」の建物が見えます。
6畳間ですが、特製のテレビ台に電話、ポット、ティッシュ、冷蔵庫(持込用)、茶道具などが半畳ほどのスペースを占めているので、実質2人までの部屋となるようです。

|

« さっぽろ純連 仙台店_6 | トップページ | 旅館大沼【11年01月】(その2) »

温泉_県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/50662722

この記事へのトラックバック一覧です: 旅館大沼【11年01月】(その1):

« さっぽろ純連 仙台店_6 | トップページ | 旅館大沼【11年01月】(その2) »