« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ホテルたきしま_1109 (食事編)

Dsc00168x 夕食は18時に一斉に大広間でいただきます。
基本は鳴子クォリティ(美味しいとはあまり思えない)ですが、ご飯の炊き方は大震災の被災者様からクレームでもあったのでしょうか、非常に美味しいご飯となりました。

Dsc00169x 朝食は7時過ぎから大広間でいただきます。45分を過ぎると担当が部屋のドアを叩いて廻るので、その前には下りていきましょう。
在り来りの旅館の食事だと思ってはいけません!!
ここは、鳴子でも屈指の薬湯に入浴できて一泊7,050円しかかからないのです。
布団の上げ下ろしが無い!
歯ブラシとタオルが無い!
部屋が若干古い!(掃除はされています)
冷蔵庫が無い!
ことを除けば、贅沢は言っていられません。コストパフォーマンスは非常に高い宿だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルたきしま_1109 (大浴場編)

Dsc00173x さて、今度は大浴場に来て見ました。
ゆったり広々としているこちらの風呂は、団体さんが来た時位しか混みません。(貸切ではないのですが、ほとんど貸切で入れます。)
それだけこの宿に来た客は薬湯に入りたがるわけで、今回も待ち行列が発生していたのでこちらに来たわけで・・・。

Dsc00172x 8月に湯治した時には、アホな親子連れが水だけを流しっぱなしにして完全に水風呂になっていた事もあったのでしたが、今回はそんなことも無くまったりとすることが出来ました。

なんだかんだ言っても、こちらも薬湯に負けず劣らずのいいお湯が使われています。
ぬるめになっていたので、ゆっくりと入っていましたが、上がってから暫くは汗が引きません。
新陳代謝を促す効果絶大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルたきしま_1109 (薬湯編)

Dsc00163x 「たきしま」に来たのなら、地下の貸切「薬湯」に入らなければ!!
ここは貸切のはずなのですが、貸切の札を階段手すりにぶら下げる形のため、今回はいなかったのですが気づかずに入ってくる人が結構います。
宿に改善を求めたいところです。

Dsc00165x 今回は待ちも無くは入れたのですが、窓が前開だったため、せっかくの蒸気ムンムンの天然源泉サウナ状態ではありませんでした。
さっそく窓を閉め、社長に教えられた「スペシャル」仕様にします。
今日は空いているとの情報も得ていたのでゆっくりと入浴していると、やがて奥の空洞(湯だめになっている)から湯気がこちらにやってきます。
身体の外側は温泉に浸かり、身体の内側は源泉ミスト。
薬湯の醍醐味を堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルたきしま_1109 (部屋編)

Dsc00174x 腰痛+肩こりを改善するために、いつもの「たきしま」にやって来ました。
もし、ここの社長が建物を譲ってくれるなら、次の改善を行いたいと思います。
・部屋の壁紙更新
・部屋の畳更新
・テレビの更新
・冷蔵庫の設置
・食器の更新(瀬戸物に変えます)
・薬湯の貸切表示の更新
・従業員にユニフォームの新調
・大広間をダイニング形式に改造
ここまでやれば一泊9千円にしても客足は増えると思うのですが・・・。
そんなに混む事が無いのが此処の良いところ、当日の確認で部屋がとれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大黒屋_110910

Dsc00162 岩出山にある「大黒屋」さんにお邪魔しました。
お昼を若干ずらしていますが、店内はほぼ8分の入りです。
カウンターの空席を陣取るとお冷と漬物が運ばれてまいります。Dsc00161_2

「こってり醤油らーめん(600円也)」をいただきます。
背脂が浮いていますが結構あっさりした仕上がりです。
おいしゅうございました。

関連ランキング:ラーメン | 上野目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋壱天_110914

Sh380404  Sh380405

壱天さんで期間限定の「塩こってり牛骨麺(850円也)」をいただきます。
塩こってりというよりは塩たっぷりという感じでした。ちょっとしょっぱ過ぎたかも。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すきや仙台泉中央店_110912

Sh380402 すきやで「白髪ネギ牛丼(肉1.5)(480円也)」+「野菜セット(100円也)」をいただきます。
おいしゅうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 よか○_110908

Sh380401 今日の晩御飯は仕事で遅くなったので、帰宅途中によか○さんにお邪魔して「黒まる(800円也)」をいただきます。
夜遅い時間なのに、結構お客さんが入れ替わりでやってきます。
おいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 東照宮駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛たん炭焼き 利久 泉中央店_110908

Sh380400_2 泉北店は混んでいたので泉中央店へお邪魔してみました。
「ランチ(1200円也)」をいただきます。牛タン焼きが半人前になるのですが、刺身やタンシチュウなどがつくのでお得な一品かと思います。

関連ランキング:牛タン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

串家ぼんてん_110907

Sh380399 串屋ぼんてんで。「トンカツ定食(787円也)」をいただきます。
味噌汁とキャベツのお替りをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸楽苑 泉区役所前店_110906

Sh380397 味噌ねぎらーめん(490円也)+半チャーハン(280円也)Sh380398

可も無ければ不可も無い。それなりの出来でございます。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その6:朝食)

Dsc00151x 国道からは少し離れた旧道沿いの建物なのに結構車の音がするので不思議だと思っていたのですが、窓を開けると・・・!
ちょうど良い位置に国道が見えました。
ようやく納得です。
てな事をしているうちに朝食の呼び出しです。
昨日と同じ一階食堂へと向かいます。Dsc00149x

量も適当だしそれなりにおいしゅうございます。
特に米の炊き方には気を使っているのでしょう。
二膳いただきました。
ご馳走様です。

部屋は自炊部なのでこんな物でしょうが、この料理と沢山の風呂に入って一万円でおつりがくるのですから非常にお得な宿なのかもしれません。
そういえば女性の一人旅の方が何人かいらしたので、オジサンには勿体無さ過ぎるけど女性向けの一工夫のある宿なのでしょうね。
また行かせていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その5:夕食)

Dsc00132x 大震災の前は部屋食だったのですが、最近は食堂での食事に変わったようです。
18時に部屋に連絡が来て、一階食堂まで移動します。

Dsc00135xDsc00136x

Dsc00138xDsc00137x

 

Dsc00139xDsc00141x_2

 Dsc00142x Dsc00145x

食べきれる量で地の物を使った料理。
大変満足でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その4:陽の湯)

Dsc00130x  我々のような最安値Cプランの客が宿泊する自炊棟の4階にある貸切風呂「陽の湯」に入浴します。
隣の「陰の湯」と比べると浴室自体は狭いのですが、浴槽は若干こちらの方が広めな感じがします。
彼女と一緒なら狭い方がいいのでしょうが、今回はオジサンとの二人旅。
少し広めの方を選ばせていただきました。
ここも良く温まる良いお湯です。入浴後はビールが進みます。

Dsc00147x

窓の外には「まるみや」さんや「勘七湯」さんが望めます。
良く温まるお湯なので、窓を開けて外気を浴びながらの入浴です。
時折突風が吹くのが玉に瑕です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その3:大浴場)

Dsc00154x 混浴となっている大浴場です。壁には天女の絵が描かれています。

Dsc00155x 千人風呂という名前ですが、それでも20人は一度に入れるほどの広さは十分にあります。
貸切の風呂がたくさんあるからか、何回か来たこの大浴場も貸切で利用することが出来ました。

Dsc00156x

Dsc00157x 脱衣場は床に温泉が通っていてぽかぽかです。(冬はいいのですがこの時期は逆に冷水を通してもらいたいほどです。)
ここにのみドライヤー、麺棒、髭剃りが備え付けてあります。
他のお客さんとご一緒することもほとんど無いので、この広い大浴場が一番のお勧めスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その2:離れ貸切露天)

Dsc00127x  大沼といえば離れの露天風呂です。
この日はどうやら二番目のチェックインのようで14時45分からの案内でした。

Dsc00126x時折突風の吹く生憎の天候でしたが、至福の30分を過ごせました。
ここは、一組30分毎で宿泊客のみが宿から送迎してもらえる離れとなっています。
お湯自体は宿の風呂と変わらないのですが、侘び寂びを重んじる私たちにとっては、宿の風呂とは全くの別物となるのでした。
冬の寒い時期と違い、夏の暑い時期の30分は結構きつい修行になりました。部屋に戻ってのビールが大変美味しいものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鳴子温泉 旅館大沼_1109(その1:部屋)

Dsc00121x  今年二度目の旅館大沼となります。
前日の夕方に電話したのですが、Cプランの一室確保が出来ました。
宿帳記載後、まずはロビーで抹茶のおもてなしを受けます。
チェックインの時間を若干フライングしたはずなのですが、離れの露天風呂の案内時間から逆算すると本日二番目の客のようです。Dsc00122x

今日の部屋は301号室。他のCプランの部屋よりは若干ですが広い所を用意してもらいました。
この広さなら4人までは何とかなりそうです。Dsc00123x

残念なことにこの部屋には冷蔵庫がありませんでした。
普段からその様な宿に泊まりなれているオジサン二人旅なのでクーラーボックスを持参していましたので事無きを得ます。
離れの露天風呂の時間はしばらくしたら電話しますとのことなので、到着後の最初の風呂を離れにすることにして、まずは乾杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

分水嶺_110903

Dsc00112x 台風の暴風雨のなか、堺田の分水嶺に来ました。
Dsc00115x 国道側から流れてきた小川が、ちょうど堺田駅の前で太平洋側と日本海側に別れます。
それなりの観光資源だとは思うのですが、生憎の天気のせいか他に誰も観光客はいません。JRの駅前ではありますが上下あわせても1時間に1本程度の列車なので、駅利用者も当然いません。寂しい限りです。Dsc00116x

誰もいない駅のホームにも分水嶺の案内があります。
風が強くなってきたので、そろそろ退散します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封人の茶屋 時空_110910

Dsc00111x 山形県は堺田にある「時空」さんへとおじゃましました。
ここはどうやら週末だけの営業のようです。
あいにくの雨ですが、店内には4組ほどお客さんがいました。Dsc00110x

「ここはそばしかないんだよね」と給仕のおばちゃんがそば茶を持ってきてくれます。
「そば(800円也)」をいただきます。
まずは細麺に仕上がった水そばから味わって見ます。
そばの香りがおいしゅうございます。
山形そばよりは更科そば風の仕上がりとなっていますが、非常においしゅうございます。
野菜の天ぷらも揚げ方が上手です。
大変満足いたしました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 堺田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥州肉玉そばぶたさぶろう_110831

Sh380395  ようやく「ぶたさぶろう」さんにお邪魔することが出来ました。
いただいたのは「肉玉そば(700円也)」
これはご飯が進みそうです。
変わったラーメンをいただきました。

関連ランキング:ラーメン | 北四番丁駅勾当台公園駅広瀬通駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵亭_110831

Sh380394 蔵亭にて。「味噌らーめん(650円也)」をこってり、麺おまかせで。
太麺で提供された模様であります。
震災前と違ってきくらげが使用されていない模様です。
それでもおいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋壱天 _110830

Sh380393 麺屋壱天で「豚骨ライトラーメン(700円也)」をいただきます。
豚骨が強すぎず、ちょうど良い感じです。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんみ 泉店_110829

Sh380392 まんみ泉店で「ランチ(750円也)」をいただきます。
豚肉と卵の辛し炒めだそうです。
おいしゅうございます。

関連ランキング:中華料理 | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形や_110828

Sh380390「もやしラーメン(630円也)」
麺は普通盛りですが、もやしが大量に使われていて満腹になります。
おいしゅうございます。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代1108(その6) 「ホワイトペンションの朝食」

Dsc00103Dsc00102 朝食は8時にインターホンで準備が出来たことが知らされます。
いくら眠くてもその少し前には起きて準備しておきましょう。

Dsc00105Dsc00104 ペンションといえばありきたりかもしれないのですが、焼きたてのパンとワンプレート。
おいしゅうございます。

Dsc00108 食後のコーヒーをいただいて部屋に戻ると、昨日は雨で景色が遮られていたのですが、猪苗代湖がはっきりと望めます。

また来たいと思わせるすばらしい宿でした。

ホワイトペンションはここから予約できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代1108(その5) 「ホワイトペンションの夕食」

Dsc00079Dsc00080  夕食は18時少し前にインターホンで連絡が来ました。
前菜は魚介類のパスタ
サラダ
スープはずんだ

Dsc00081 Dsc00082

魚料理はカサゴのポアレ
肉料理はボルチーニ茸ソース
魚料理にはソース用のパンが付き美味しくソースをいただけました。
肉料理には美味しいライスが付くのですが、SS・S・M・Lから量を選べるようになっています。Sにしておいて正解でした。辛うじて残さずに食べられました。Dsc00084

Dsc00085デザートは別腹とは「ぶうちゃん」のコメントですが、かなり無理をして残さずに食べることができました。
食事時にビールなどを頼んだのでは完食は無理だったでしょう。(昼飯が多すぎたとの声あり!!)
次回来る機会があれば、そのときは昼は軽めにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代1108(その4) 「ホワイトペンションの風呂」

Dsc00071 岩盤浴で失った水分を補給した後は、「檜風呂」の予約をしながら、予約不要の「光と音のジェットバス」に入浴してみます。
何のことは無い普通の風呂でしたが、ここで身体を洗っておきます。Dsc00074

「光と音のジェットバス」を上がると、ちょうど露天「檜風呂」の予約の時間になりました。
別館へ続く廊下の途中から外に出て露天風呂棟へと移動します。
ここのお風呂は、岩盤浴(別料金)と光と音のジェットバス(空いていれば可)を除き、45分毎に(深夜帯は一時間毎になります)区切っての貸切となります。
二人か三人でちょうど良い感じの浴槽です。虫もいなくてちょうどよく入浴できました。Dsc00087 
ここはもう一方の露天側にある「ジャグジー」です。4人まで対応できる大きなものです。
身体がふやけるまでゆったりまったりとさせてもらいました。Dsc00088

どれを使おうか迷ってしまうシャンプーバーです。
貸切の各浴室に備え付けてあります。

最後に死海風呂に行きましたが、虫さされの跡がしみて長湯はできませんでした。
今度来るときはしばらく前から体調管理に気をつけます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »