« 大黒屋_1202 | トップページ | ホテルたきしま_1202(中編) »

ホテルたきしま_1202(前編)

Dsc00302x 今年初めての鳴子温泉「たきしま」です。
今回は前日に楽天トラベルから予約が取れました。
14時頃到着すると正面の駐車場は日帰り入浴のお客さんで一杯の状態です。仕方が無いので国道沿いの商工会駐車場に車を止めて裏口からチェックインします。
部屋は1階に取れました。Dsc00303x

地デジ化の波がここまで押し寄せてきていました。新しいテレビは映りも抜群です。
今までの様に、映りが悪くて横から叩いてみたりする必要はなくなりました。
名湯「薬湯」は、日帰り客が列を成しており、結局5時過ぎまで混雑していました。
仙台市太白区(ちょっと前までは上杉にあったのだが移転した)のアレルギー科の先生がここのお湯を紹介しているらしく、その影響があるのかもしれません。
Dsc00313x これは大浴場の方の源泉ですが、部屋から見ていても「パワーを感じます」(夜中もボコボコうるさいのですが・・・)
これなら何にでも効きそうなパワーです。

お風呂は続きで。

|

« 大黒屋_1202 | トップページ | ホテルたきしま_1202(中編) »

温泉_県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/54012510

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルたきしま_1202(前編):

« 大黒屋_1202 | トップページ | ホテルたきしま_1202(中編) »