« 土湯街道_1206 | トップページ | ホワイトペンション_1206(其の弐) »

ホワイトペンション_1206(其の壱)

Dsc00597  人気の宿だったはずが、風評被害の影響でか、当日部屋が取れました。
てなわけでお昼に自宅を出発してやってきたわけです。
ここは、露天風呂が2つ、内風呂が2つ時間を区切って貸切に出来ます。
チェックインのご挨拶を交わした後(本当に名前を告げて予約の内容を確認されて、部屋の鍵をもらうだけで、宿泊者カードは翌日の朝食の際に記入です。)は貸切風呂の予約を進められます。Dsc00599

今回は二回目ということを覚えてくれていて、内風呂の紹介、露天風呂の紹介、ダイニングの場所と食事時間の案内は省略され、(判っている事を説明されるより、またいらしてくれたんですね!の方がうれしいもんですね。)すぐに二階の部屋へと案内されました。Dsc00600

ベッドの反対側には壁に固定された大型テレビとDVD、持込用冷蔵庫には磐梯山サイダーが二本と冷水ボトルに冷水が入っております。
「持込の瓶缶はお持ち帰りください。」との当然といえば当然のご案内がありました。
風呂の予約時間まで、持込のビールで乾杯させていただきました。(もちろん空き缶は持ち帰りさせていただきました。)Dsc00601

トイレのドアの脇にはフロントとの連絡用インターホンと浴室使用状況盤があります。Dsc00604

ドアを開けると素敵な意匠のトイレがあります。棚の上にはお風呂にタオル等を持ち歩く時に使用できるバッグが置いてあります。
さらに扉があり、その奥には、小さいながら部屋専用のバスルームがあります。ビールを飲みながら部屋の中を観察していると、ちょうどお風呂の時間になりました。
続く!

|

« 土湯街道_1206 | トップページ | ホワイトペンション_1206(其の弐) »

旅行_山形、福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/55075630

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトペンション_1206(其の壱):

« 土湯街道_1206 | トップページ | ホワイトペンション_1206(其の弐) »