« 新市町村振興 第630回全国自治宝くじ | トップページ | バッカス_1210 »

神前の誓も破られる事がある

掛けまくも畏き某神社の大前に(斉主氏名)恐み恐みも白さく、
八十日は有れども今日を生日の足日と選定めて、(何某)の媒妁に依り、
(某所)に住みて大神等の御氏子崇敬者と仕奉る(何某の何男某)と、
(某所)に住める(何某の何女某)と、
大前にして婚嫁の礼執行はむとす。
是を以ちて大神等の高き大御稜威を尊奉り仰ぎ奉りて、
親族家族等参来集ひ列並びて、
大前に御食御酒海川山野の種種の物を献奉りて称辞竟奉らくは、
天地の初の時に二柱の御祖大神等の創給ひ定給へる神随なる道の任に、
大御酒を厳の平瓮に盛高成して大御蔭を戴奉り千代万代の盃取交し、
永き契を結固めて、今より後、天なる月日の相並べく事の如く、
地なる山川の相対へる事の如く、互に心を結び力を合わせて相助け相輔ひ、
内には父祖の教を守り、外には国家の御法に遵ひ、
身を修め、家を斉へ、家業に勤み励み、子孫を養ひ育てて、
堅磐に常盤に変る事無く、移ろふ事無く、
神習ひに習奉らむと誓詞白さくを平らけく安らけく聞食して、
行末長く二人が上に霊幸ひ坐して、
高砂の尾上の松の相生に立並びつつ玉椿八千代を掛けて、
家門広く、家名高く、弥立栄えしめ給へと、
恐み恐みも白す

ちなみに神前に永久の誓をたてられた掛けまくも畏き某神社の宮司さん!
どうなっちゃったのかな?

|

« 新市町村振興 第630回全国自治宝くじ | トップページ | バッカス_1210 »

今日の手抜き記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神前の誓も破られる事がある:

« 新市町村振興 第630回全国自治宝くじ | トップページ | バッカス_1210 »