« 飯坂温泉 旅館 小松や_1303(其の弐) | トップページ | スキーに向かう皇太子ご一家に東京駅で男性が罵声浴びせる »

飯坂温泉 旅館 小松や_1303(其の参)

Sdsc00237  大広間での朝食を済ませて部屋に戻って外を見ると、なんと雪が舞っています。
念のためスタッドレスのままで来てよかったとほっとします。Sdsc00240

チェックアウトを済ませ、鯖湖神社までやってきました。
隣の鯖湖湯ではもう地元の人たちが入浴中のようで、話し声が聞こえてきました。Sdsc00241

Sdsc00257雪が降っているのと寒いのとで観光客の方はまばらです。
手湯は独り占めの状態です。

せっかくなので旧堀切邸を訪れます。
ここにも手湯と足湯があります。
こちらは壁が風をさえぎるので何組かの観光客がいました。

ゆったりのんびりできて美味しい物をお腹一杯食べることが出来た旅でした。

結局、隣の県の県庁所在地の方が鳴子より近いじゃないですか。

|

« 飯坂温泉 旅館 小松や_1303(其の弐) | トップページ | スキーに向かう皇太子ご一家に東京駅で男性が罵声浴びせる »

旅行_山形、福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516792/57073643

この記事へのトラックバック一覧です: 飯坂温泉 旅館 小松や_1303(其の参) :

« 飯坂温泉 旅館 小松や_1303(其の弐) | トップページ | スキーに向かう皇太子ご一家に東京駅で男性が罵声浴びせる »