« 伊藤商店 泉ヶ丘店_1402 | トップページ | 都心の積雪27cmで戦後4番目 »

豆撒きの豆

~途中省略~

使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)である。豆を神棚に供えてから撒く地方もある。炒り豆を使用するのは、節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものである為、撒いた豆から芽が出ては不都合であったためであるという。北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒く場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった。

         誰でも編集できるフリー百科事典ウィキペディアより。

実家では落花生、ご近所の神宮チェーン加盟店「東照宮」では由緒正しい煎り豆、我が家ではさらに合理的なパック入りの豆が定番となっておりました。

|

« 伊藤商店 泉ヶ丘店_1402 | トップページ | 都心の積雪27cmで戦後4番目 »

徒然なるままに」カテゴリの記事