« マル寛そばや_1406 | トップページ | 旅館大沼_1406(其の弐) »

旅館大沼_1406(其の壱)

Imgp0879「マル寛」で昼食の後は田圃道を鳴子温泉に向かいます。
田圃道は「とまれ」の標識や信号を無視する車がいるので注意が必要です。
今回は2度ほど危ない目にあいました。
てなわけで東鳴子温泉「旅館大沼」さんへとやってまいりました。
ここへ車で来た場合、正面玄関前でエンジンを停め、カギを差したままチェックインして前の車なんでお願いします。と後の処理を任せるのが正当な作法のようです。
ソファに通してもらってから宿帳を書く方式に改めてもらうと楽なのですが、ここでの作法はフロントで宿帳に記帳した後にソファに案内されるのが正しいとされています。
ソファに通されてしばらくすると、抹茶でおもてなしを受けます。
その間に部屋の準備をしているらしく、しばらくすると部屋に案内されます。Imgp0881


「ちょうどキャンセルがあったので空き室にしたところすぐにお申込みいただいたんです。」と、湯守さんから。
みいはてっきりオンライン操作を間違って入力してしまったのかと思っていました。Imgp0884

今回は湯治棟の203号室に案内されました。Imgp0949

こちらのお部屋の良い所は、冷蔵庫完備なことです。
自炊棟の台所には共用冷蔵庫があるのですが、やはり室内にあると便利です。
浴衣に着替えて寛いでいると、間もなく母里の湯への送迎の時間となりました。

|

« マル寛そばや_1406 | トップページ | 旅館大沼_1406(其の弐) »

温泉_県内」カテゴリの記事