« 旅館すがわら(其の参) | トップページ | 旅館すがわら(其の伍) »

旅館すがわら(其の髭)

1437211351733





宿帳に記載欄があって時間を選択できるようになっています。夕食は6時15分からとしました。(本当は6時半にお願いしたのですが団体さんとかぶるので繰り上がりました。)
ちょうど時間に電話があり、これからお膳をお運びします。と連絡がありました。(ここでビールでも頼めばよかったのですが、風呂上がりにロング缶をやっつけたので(当然宿の自販機利用)今回はパスしました。)
鳴子ではなかなか見ないきびきびとした動きの中居さんがお膳を運んできます。1437213174369


お品書きがきちんとあり、素材や調理方法を確認しながら戴く事が出来ます。1437211364955

食前酒 自家製ブルーベリー酒
前菜 アスパラポーク トマト山芋射込み 昆布わさび 鯉オイル漬け

1437211625382


小鉢 帆立雲丹ソース和え1437211846250

お吸物 牡丹鱧 三つ葉1437211639570

造り 鮪 甘海老1437211659559

台物 仙台牛季節料理

ステーキをお願いしました。
塩でいただきます。1437211674688

酢物 三陸産ホヤ1437211705212

揚物 旬のつみれ梅肉揚げ 旬菜

うす味がついているのでそのままいただけます。1437211714361

冷鉢 海老湯葉博多炊き合せ1437211814717

蓋物 雲丹琥珀まんじゅう

1437211823866

凌ぎ ひやむぎ 薬味

1437211855880

香物 自家製白菜漬け1437211850627

水菓子 ナタデココ入り青林檎ゼリー

品数は多いのですが上品な量となっていて完食する事が出来ました。

食事の後はフロントに連絡して下膳と布団敷をお願いします。1437257193627

布団敷が終わると夜食のおにぎりと冷水のポットをもってきてくれました。
心憎いおもてなしです。

次は最終章朝御飯編です。

|

« 旅館すがわら(其の参) | トップページ | 旅館すがわら(其の伍) »

温泉_県内」カテゴリの記事