« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

仙台東照宮骨董市_1602

1456631863929


第四日曜日は仙台東照宮の参道で骨董市が開かれています。
それほど寒く無かったっためか、2月の割には結構賑わっていました。
出入りの車で道路が若干ノロノロとなるほどです。

|

フリード_最近の燃費_1602(其の弐)

1456094693945


344kmで30ℓでした。
燃費の方は11.52Km/ℓ。街乗りだけなのにいい結果となりました。

|

だいこくや_1602

1456027398834


葛岡にある「だいこくや」さんへやってきました。
駐車場は停められたものの、名前を記入して待合椅子で5分程待っていました。
先に待っていた方が小上がりがいいと言う事で、お先にカウンター席へと案内されました。
ここは思い切って「肉そば1号(1090円也)」を注文いたします。
とんこつ醤油味のこってりらーめんに2種類のチャーシュー入りだそうです。1456027817121


などと言っているうちに、てきぱきとした早さで注文の品が出来上がりました。
チャーシューは確かに分厚いのですが、それほどインパクトがありません。
次回は中華そばに挑戦しようと心に決めたのでした。

関連ランキング:ラーメン | 葛岡駅

|

防錆剤

2016022101


毎日車で通勤しているといろいろな事があります。
先日は雪に突っ込んでしまったところボディの下側が雪の塊に負けてべコリと逝ってしまいました。
塗装も若干はがれていて錆が浮いてきているので防錆剤を塗って、その上からタッチアップすることにしました。
素人仕事なので遠くから見ても判るほどのぶざまな仕上がりです。
ま、仕方ないか!

|

ラーメン☆ビリー_1602

1455939526678

ラーメン(780円也)」をニンニクでいただきます。

今回もタイミングが良かったので食券購入後、すぐにカウンター席に案内されました。

当然ながら標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。

おいしゅうございました。

店を出るころには待合が全部埋まり店の外にまで行列ができていました。
本当にいいタイミングでした。

関連ランキング:ラーメン | 陸前原ノ町駅

|

安心してください!漏れているだけです!!

1455589270227毎週の様に何処からか噴出。
ぶしゅー!
ミイがいなくなったらどうなるんだろう?(自意識過剰)

|

G麺屋_1602

1455423003038G麺屋へやってきました。
券売機で「煮干らーめん(780円也)」を選択します。
食券購入後、すぐにカウンター席へと案内されました。
つい出来心で大盛り(無料)を頼んでしまいました。
まあまあのお味でございます。
満腹になりました。

関連ランキング:ラーメン | 六丁の目駅小鶴新田駅苦竹駅

|

麺屋 翔

1455335590588東仙台の「翔」さんへ初訪となりました。
ここは昔、「麺屋こぶし」があったところです。
こぶし閉店後、「重三」となり、そして現在のお店になりました。

券売機で「東仙台ブラック 太麺 普通(600円也)」を選択します。
フロア係に食券を渡して空いているカウンター席に腰かけます。
コップと水差しがあるので、そこから水を汲み、標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。
色こそ黒いのですが、富山ブラックほどしょっぱくはありません。チャーシューも富山ブラックとは違います。
ですが、これぞ東仙台ブラック!独自のラーメンの世界を切り開きました。
もちもちの自家製麺がおいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 東仙台駅苦竹駅

|

フリード_最近の燃費_1602

1454919339656


29リットルで334キロメートル。
リッターあたり11.51キロの燃費でした。

リッターあたり101円まで下がりましたが、この後すぐに10円ほど反発して113円台に逆戻りです。

|

横横家 仙台店_1602

1455162724613
駅裏の「横横屋」さんへやってきました。
券売機で並びがあったものの、食券購入後はすぐにカウンター席に案内されました。
水を汲んで指定された席に座ります。

今回は「ラーメン(780円也)」を麺:普通、味:うすめ、油:普通でいただきます。

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。
やはりここのスープはしょっぱめの様です。うすめで頼んで正解でした。

関連ランキング:ラーメン | 仙台駅五橋駅あおば通駅

|

野菜みそラーメン鬼首_1602

1454817743199

鬼首さんへとやってきました。
券売機で「豚の汁なし(780円也)」を選択します。
水を汲み、カウンターの空席に陣取ります。
すぐさま食券の回収が行われ「ニンニク入れますか?」と尋ねられるので「ニンニクでお願いします。」と答えます。
「あと飯もご用意できますのでお声がけください。」と優しく声をかけられました。

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。
綺麗な状態の写真をパチリとした後は、ぐちゃぐちゃにかき混ぜます。

若干しょっぱめではありますが、おいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 東照宮駅台原駅

|

虫歯のもとです。

1455098309780宇都宮(の方)に帰った子供一号からいただきました。1455184239333

秋田(の方)の子供三号からいただきました。

ご馳走様です。

|

伊藤商店 泉ヶ丘店_1601

1454204345293

伊藤商店さんへお邪魔しました。

入口脇の券売機で「白の中華そば(値段は忘却)」を選択します。
1454204543216

この日は小上りに案内されました。

1454204549212

タイミングが合わず、結構待ち時間がありました。1454204982139

時間があるのであちこちパチリパチリしていたら注文の品が運ばれてまいりました。
まずはスープを一口。

うまい!

次に麺を一口。

うまい!

大変おいしゅうございました。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅

|

扇屋(其の伍)

Dsc00883


朝食は朝八時にお願いしました。
10分ほど前に電話で準備が出来たことを知らせてくれました。
場所は前夜と同じ一階の大広間。テーブルも同じになります。Dsc00884

着席と同時に湯豆腐に火をつけてもらいました。
お茶、お冷、トマトジュース、オレンジジュースが入り口脇にあるのでセルフサービスですがどうぞ!と声をかけてもらいました。Dsc00885

せっかくなのでオレンジジュースとお茶をいただきます。Dsc00889

ヒノデサンが閉業してしまった後はどこの納豆を使っているのか、気になってしまうサトー商会の納豆が使われていました。

超合理的な最初に布団が敷いてある宿でした。
そのかわりと言っては何ですが、部屋の掃除はしっかりしているし。布団もきれいに敷いてあります。
「はなぶち」の温度がもう少しぬるめであればよかったかな?
また来てもいいかなと思われます。

鳴子温泉貸切露天風呂の宿 扇屋

|

扇屋(其の髭)

Dsc00875





夕食は6時からお願いしました。
10分ほど前に、準備が出来たことを知らせる電話が掛かってきました。
一階の大広間で椅子に座っていただきます。Dsc00876

お吸物以外の料理はすべてセットされています。
手前がお造り。
奥が豆乳しゃぶしゃぶの具材。(野菜は先に入れて煮込んでおくように中居さんからアドバイスがありました。)
右端はデザートです。Dsc00877

飲み物の注文を尋ねられたので瓶ビールを一本頼みます。陶板焼きとしゃぶしゃぶに火をつけてもらいました。
早めに陶板焼きを食して、日が残っているうちに手前のタンドリーチキンを再加熱するとちょうどいいとアドバイスされました。
しんじょうは、まだ温かみが残っていました。
揚物はかなり前に揚げられた様ですっかり冷えていましたが、それでもカリッとしていました。Dsc00879_2

陶板焼きは牛タンです。Dsc00880

煮物の蓋を取ったところです。

Dsc00881丁度ビール瓶が空になった絶妙なタイミングでお吸物が届けられました。
熱いものを熱く、冷えたものを冷えたまま出せればいいのでしょうが、コストを考えればこうなってしまうのでしょう。
土日こそ泊まる人がいるけど平日はほとんど泊まる人がいない現状があるのですから。

何とか完食しました。

|

扇屋(其の参)

Dsc00863
扇屋には屋上に貸切露天が2つほどあります。
宿泊者は予約無しに何時でも自由に入る事が出来ます。
ただし、空いているかどうかは行ってみてのお楽しみとなるので雪の時期はちょっとだけ大変です。Dsc00873

屋上まで来たらこの扉でスリッパをサンダルに履き替えて外に出ます。Dsc00852

手前左が「やはた」、奥が「はなぶち」です。

Dsc00857

過去宿泊者のブログやらクチコミやらに書かれているとおり「はなぶち」の方は江戸っ子向きの温度に調整されているようで(45~6度)仙台っ子のみいには若干熱すぎです。Dsc00892

一方「やはた」の方は42度程度で丁度いい感じです。
どちらの露天も洗い場は無く、木桶を模したコンクリート製の湯船だけが設置されています。Dsc00893

景色はどちらも同じで山の斜面が見えるだけです。
夜に入ったときは吹雪いた雪が照明に照らされ、いい感じでした。

|

扇屋(其の弐)

1454135243789


内風呂は部屋と同じ2階にあります。

手前が男湯、奥が女湯です。
間に待ち合わせ用の椅子がありました。
同時に6~7人はは入れそうな大きさですが、他に誰もおらず、のんびりと入れました。1454135252751


ピンボケですがカランは3つ用意されています。
男湯はリンスインシャンプーとボディソープでしたが、女湯はシャンプー、コンディショナー、ボディソープ
が備え付けたあったそうです。
おそらく女湯も男湯と同じくらいの広さと思われます。1454135258969


浴槽は扇屋だけに扇型です。
お湯の口も扇型の飾が設えてありました。お湯は「たきしま」の薬湯程ではないのですがアブラ臭というか独特の香りがします。
湯温はかなり温め(40度あるかないか(体感温度です))ですが、あったまりの湯です。

駐車場側の窓はぼかしシールが貼ってありますが、その直下を陸羽東線の列車が走ります。(1時間に約2本だけだけど。)

くどいようですが、よく温まるお湯です。

|

扇屋(其の壱)

2015020601あ・ら・伊達な道の駅で小休止の後は、鳴子温泉の扇屋さんへやってきました。
チェックイン時間の3時には15分近くフライングですが、駐車場に入ると係りが飛んできて駐車位置を指定して誘導してくれました。
そのままチェックイン手続きをして2階の部屋へと案内されました。Dsc00846

部屋は既に布団が敷いてあります。窓際にはちゃんと座れるスペースがあります。Dsc00845

部屋の隅には浴衣と丹前、そしてタオルとバスタオルがセットされています。
この浴衣では小さいはずと特大サイズのものをすぐに持ってきてくれました。Dsc00848

お茶請けやお茶道具がありましたが、残念な事にポットの電源がコンセントに刺さっていなかったため、すぐにお茶を飲む事が出来ませんでした。Dsc00849

ふるさとクーポンを利用したのでちゃんとトイレ付きの部屋を取りました。
冷蔵庫にはビールが入っていましたが、若干ですが持ち込みを入れられる余裕がありました。

Dsc00850_2

トイレは温水洗浄機付きです。
もっとも、廊下の共用トイレにも温水洗浄機が付いているようでした。

|

あ・ら・伊達な道の駅

1454130681345


道の駅で小休止。
雪で人出が少なかったのか、それほど混んではいませんでした。

|

天下一品 明石台店_1601

1454124910977

天下一品明石台店へとやってきました。
入口奥の券売機にて「天下一品ラーメン(800円也)の食券を購入します。

席の準備をするので暫らく掛けてお待ちください。との事で、券売機前の待合椅子に掛けて3分程でテーブル席へ案内されました。1454124086212


テーブルにはお冷とゆで卵(現在は一人一個に限りサービスの模様)がセットされています。
着席と同時に食券を回収されます。

1454124308495ピンボケですが、ゆで卵の殻を剥いて食べ終わった処で注文の品が運ばれてまいりました。

久々の天一です。

辛味噌、ニンニク、ラー油、酢、ラーメンのタレにて味変を行い完食です。

大変おいしゅうございました。

関連ランキング:ラーメン | 泉中央駅八乙女駅

|

宇都宮餃子

1453612613779


今回の旅の目的は、宇都宮近郊にあるヒロ君の家まで荷物持ちとして随行する事でした。
宇都宮といえば餃子です。
てなわけで駅前の宇味屋さんへ立ち寄らせてもらいました。
「ビールセット(1000円也)」を焼き餃子ダブル(340円増し)にていただきます。1453612656234


まずはビールとキムチ・メンマが運ばれてきました。1453612988961

ビールが無くなる前に、ちゃんと餃子が焼きあがりました。
熱々でおいしゅうございます。

関連ランキング:餃子 | 宇都宮駅

|

だるまのめ

1453604340386





京王線で街にでたあとは、「だるまのめ」さんで九州博多とんこつをいただきます。
まず券売機で「赤辛ネギらぁ麺(800円也)」を選択します。1453604390132

空いているカウンター席に座り食券を差し出すと、博多弁ならぬ、中国訛りのたどたどしい日本語で「麺の固さはどうしますか?」と聞かれたので「普通」をお願いしました。
1453604588673


標準的な待ち時間で注文の品が運ばれてきました。

1453604478344

厨房でも博多弁ではなく中国語が飛び交っていましたが、味の方は本場博多風でもなく、本場中国風でもなく、まあそれなりのお味でした。
ご馳走様でした。

|

昔住んでいたところ

せっかく白糸台掩体壕まで来たので、昔住んでいたところから武蔵野台の駅まで不動産屋さんの案内のごとく(不動産屋さんの場合は逆で駅からです!)案内します。1453594109214


アパート(今は無い)を出たら車の音のする方向(甲州街道)に進みます。1453594199480

甲州街道の下をくぐりまっすぐ進みます。1453594252091

やがて多摩川線(東急だとトレンディドラマの脇役が住んでいる設定でカッコいいんだど、その他大勢役の役者が実際に住んでいそうな西武多摩川線です。)の踏切を越え、旧甲州街道を直進します。1453594374921

昔は武蔵野の雑木林と畑だけだったのにちゃんと家が建っています。1453594512078

遠くに京王線が見えてきました。1453594553360

なんと、昔は踏切を渡って南口からしか入れなかったのに、北口が利用できるようになっています。1453594637952

7分程で武蔵野台駅に到着しました。
南口経由だったころは踏切を渡るので10分位かかっていたので便利になりました。1453594812604

南口にスーパ丸正が出来たので、こりゃまた便利な街になったようです。

1453594651593


また東京で暮らす機会があれば、二駅利用可能なこのあたりに住みたいと思うのでありました。

|

白糸台掩体壕

1453593583822


せっかく飛田給まで来たのですから、白糸台掩体壕を訪れてみます。
ホテル武蔵野の森をチェックアウトして甲州街道を西進します。
車返団地入口の交差点から側道に入ると間もなく小さな看板が見えました。1453593629991


左手に見えるのが掩体壕です。
みいがこの辺に暮らしていたころは、まわりは全部畑と雑木林だったのに、今では家だらけになっています。1453593675827

昔は地主さんが倉庫代わりに使っていたのですが、今は綺麗に整備されています。1453593694048

説明書きの看板までたっていました。1453593722100

昔もこんな風に鉄柵の扉があったのですが、それは中にしまってある資材が盗まれないためにでした。

今は当然何も入っていません。
飛行機の模型でも入れておけばなおリアルなんでしょうけど。

ベンチには犬の散歩に来ていたおじいさんが休憩中でした。

|

ホテル武蔵野の森

1453544570313



今宵の宿は、甲州街道は関東村の反対側にある「ホテル武蔵野の森」です。
階段を上り、2階にあるフロントでチェックイン。
部屋は訳アリ(他の部屋より狭い)のため、6000円(楽天ポイントを使ったので支払いはさらに安い。)で泊まれました。1453544596545

確かに足元が窮屈な部屋でした。

エアコンのリモコンの電池がうまく収まっていなかったようで、直すまでは暖房が使えませんでしたが、普段の仕事中に電気機械ボイラー系を一生懸命勉強しているのです、すぐさまピンと来て、電池を入れ直したところ、正常になりました。1453544609598

バスマットの上にアヒル隊長がちょこんと座っていました。
風呂は昔のビジネスホテルサイズなので、非常に狭いです。

それでも、値段を考えればなかなかいいホテルかもしれません。

1453592765920関東村は再開発されてしまいました。
多分写真の先に東京オリンピックマラソン折り返し地点の碑が建っていたかと思います。(確かこの先の東府中には競歩の折り返しの碑があったかと!)

ホテル武蔵野の森

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »