« 旅館大沼_1607(其の壱) | トップページ | 旅館大沼_1607(其の参) »

旅館大沼_1607(其の弐)

1469250834099


誰もいないのを確認して、ぶうちゃんと大浴場に来ました。
ここは夜の女性専用時間を除けば混浴となっています。
脱衣場は男女別となっていて、男性側脱衣場はすりガラスとなっているので、新規の男性客が来れば女性はすぐに上がる事が出来る仕組みとなっております。1469250843032


これは男性側入り口から女性側入り口の方を望む画となっています。

給水、給湯配管が新しい物に変わっています。シャワーの水圧も以前とは比べ物にならないほどで、全く不便は感じません。
さすがに夏対応の温度設定で若干ぬるめになっていたので、のんびり入浴する事が出来ました。1469252070299


こちらは改修前は簾のかかっている露天風呂だったのですが、向かいの客室から見えるのを無理に簾で隠すのをやめ、足湯に変更となりました。
ここでもしばらく足浴します。1469255608277

いったん部屋に戻り若干の水分補給と休憩の後は湯治部4階の陽の湯にやってきました。
60代の迷惑夫婦が陰の湯と陽の湯に分かれて入浴中でしたが5分程待っていたところで交替できました。1469255736606

こちらの洗面台もリニューアルされていました。1469255742758

お風呂に関しては改修前と変わってはいませんが、やはり水圧があるのは便利なものです。1469261179484

また部屋に戻り、水分補給(これでビールは飲み干しました。)
その後は大浴場の隣の家族風呂に入浴です。
前の利用者が加水し過ぎた様で若干ぬるめのお湯となりました。逆にその分ゆっくり入浴できます。1469261185810

加水はこちらの洗い場のシャワーを利用するようです。1469269812543

こちらは夕食後に利用した陰の湯です。
風呂場自体は陽の湯より広めですが、浴槽は陽の湯の方が広いような気がします。
ベランダがありそこからはニューあらおが見えます。(ということは、ニューあらおからはこのベランダが見えます)

大浴場と足湯を除けば内鍵を掛けて貸切とする事が出来るのが中々予約の取れない宿となっている訳なのかもしれません。

|

« 旅館大沼_1607(其の壱) | トップページ | 旅館大沼_1607(其の参) »

温泉_県内」カテゴリの記事