« 奇跡の薬湯 一の湯(その壱) | トップページ | 奇跡の薬湯 一の湯(その参) »

奇跡の薬湯 一の湯(その弐)

Dsc01075








丁度6時となりました。

1階の広間で夕食にします。

最初のセットはこんな感じ。献立表はありません。

一品ずつUPしていきます。Dsc01078

小鉢は雲丹和えの様です。Dsc01077

お造りは三種盛り。Dsc01076

更にみんなを黙らせる「かに」がついています。

Dsc01080当宿名物のイワナ塩焼きです。
思い切ってガブリと言ったのですが、砂をかなり含んでいたので失敗しました。

内臓だけ先に分離させておけば良かったかと。Dsc01082

茶碗蒸しです。

可も無く不可も無く。普通の旅館料理の茶わん蒸しに仕上がっています。Dsc01081

鍋物は豚のすき焼きになります。最初に下の野菜を入れてくださいとの事。Dsc01083

固形燃料が無くならないうちに、宿の勧めの通り野菜を投入します。Dsc01088

後出しの天麩羅です。Dsc01089

丁度乾杯のビールも残り少なくなってきたのでご飯もお願いしました。

非常に美味しい御米を上手に炊いています。Dsc01079

Dsc01090_2

デザートにはメロンです。

多すぎず少なすぎず。ちょうどいい量でした。

食後は部屋に戻り、若干の酒肴を嗜みながら日中韓外相会議について意見を交換しました。

|

« 奇跡の薬湯 一の湯(その壱) | トップページ | 奇跡の薬湯 一の湯(その参) »

温泉_県内」カテゴリの記事