« 巧味家_1609 | トップページ | なかやま山荘_1609(其の弐) »

なかやま山荘_1609(其の壱)

Dsc01133


中山平温泉の「なかやま山荘」へやってきました。
仙台を11時半少し前に出発して、途中で昼食をいただいて、チェックイン時間(14時)を少し過ぎたあたりで到着です。

時間に余裕があるので高速は使いません。Dsc01135

玄関前の足湯は残念ながら使用されていませんでした。

チェックインの手続きをしていると、下足は部屋までお持ちくださいとビニル袋を渡されます。

Dsc01153夕食、朝食、風呂等の諸注意の書いてある紙を渡されます。

ご利用は初めてですか?と尋ねられたので、いえいえ以前泊まったことがありますと答えたところ、ご案内は省略させていただいていいでしょうか?とのこと。
そうさせてもらいます。

1474183625230

階段を2階に上がると、まるで農民の家を彷彿とさせる赤絨毯が延びています。Dsc01136

部屋の扉は引き戸となっています。
一応鍵もかかります。Dsc01137

部屋は6畳+若干の板の間です。Dsc01138

テレビ、冷蔵庫、内線電話、コップ、お茶セット、金庫、浴衣、バスタオル、タオル+歯磨きセット
が備え付けてあります。
歴史を感じさせる建物ではありますが、小ぎれいに掃除されています。

|

« 巧味家_1609 | トップページ | なかやま山荘_1609(其の弐) »

温泉_県内」カテゴリの記事