« 旅の始まりは東照宮駅から | トップページ | 定観観光バスに乗るため札幌駅へ »

新千歳空港からホテルマークスイン札幌まで

【1610北海道旅行記 その2】Dsc01179

AIRDO機内サービスでは、北海道の飲み物は冷たいコアップガラナか温かいじゃがバタースープから選べます。(もちろん他の飲み物も有料、無料でいろいろあります。)
みいはじゃがバタースープをいただきました。

そうこうしているうちに、飛行機は無事に新千歳空港に到着しました。

預けた荷物を回収し、地下にあるJR駅から快速エアポート号に乗り換えます。
14時30分発は満員で立ち席になるので、反対側のホームで14時45分発を待つことにします。Dsc01180
予定より15分ほど遅れましたが、旅程に大した影響はありません。

昨日、札幌では初雪を観測したそうで、線路の脇にも雪が残っています。Dsc01183

札幌駅から地下鉄南北線に乗り換え、すすきの駅で下車します。
3時過ぎの遅い昼食になります。
札幌らしい店、「みよしの」に立ち寄ります。

「みよしのセット(470円也)」をいただく事にします。


Dsc01184


まるでC&Cを思わせるような若干辛口のカレーと餃子のセットです。
餃子は非常にオイリーですが具がジューシー。
わざわざ札幌に来ての最初の食事は、カニでもジンギスカンでもなく、みよしののカレーと餃子になりました。Dsc01190

食後は、みよしのの前の通り(ちょうど地下鉄南北線の真上)を中島公園の方に向かって歩きます。
小川が流れているのでその小川沿いに東豊線の方に進むとマークスイン札幌があります。

「北の国から」で蛍ちゃんが落石の診療所を出た後に札幌に戻って働きだしたホテルなので泊まってみたと言う事になります。
Dsc01186


当然ですがそこに蛍ちゃんはいません。みいよりは若干若いおじさんがチェックインの手続きをしました。
カードキーを渡されました。外出時もそのままなくさないようにお持ちくださいとの事でした。

部屋は旧いうえに狭いのですが、きちんと清掃されています。
持込用冷蔵庫ありです。テレビは地デジのみです。Dsc01196


ベッド脇の集中制御スィッチです。
昔は時計があっただろう場所は、老朽化して壊れているので反対側の時計を見ろ!の掲示がされています。Dsc01188

バストイレはかなり狭くてくたびれています。
しかも排水が悪いので風呂の排水時にトイレ側にあふれてきます。

まあ値段が安かったので仕方がないでしょう。

中途半端な時間にみよしのに行ってしまったため、なかなかお腹がすきません。

Dsc01192すすきのを越え、大通公園までお散歩です。
しかし中国人の団体客が多い街です。
歩道いっぱいに広がって立ち止まり、まるで喧嘩の様に怒鳴りあって会話をしています。
彼らにはマナーもへったくれもありません。




Dsc01193_2日本三大がっかり名所と称される時計台までやってきました。

ここは中国人がいなかったのでゆっくりと出来ました。

すぐ横に「根室花まる」の店があって、札幌駅とは違って空いてるよ!と事前に情報を入手していたので行ってみましたが、さすがは花の金曜日の18時ころの時間帯。
いっぱいで入れませんでした。

その後、宿まで散歩を続け、部屋呑み後に就寝です。

|

« 旅の始まりは東照宮駅から | トップページ | 定観観光バスに乗るため札幌駅へ »

旅行_北海道」カテゴリの記事