« 定観観光バスに乗るため札幌駅へ | トップページ | 札幌観光もりだくさん 札幌1日コース その弐 »

札幌観光もりだくさん 札幌1日コース その壱

【1610北海道旅行記 その4】Dsc01211

時間となったのでバスに案内されます。
今回の乗客は18名。
残念な事に8名ほど中国人がのっていました。
他は、5人組の30代後半で誰も結婚していなさそうな仲良し女の子グループ。
一人で参加のおじさん。
40代後半のおじさんと20代後半の怪しげなカップル。
そしてみいたちです。Dsc01218


まずは車窓から道庁、大通公園を眺めながら場外市場で下車自由見学となります。Dsc01216


一周冷やかしても時間が余るので、寿司でもつまむことにしました。Dsc01214


ビールだと腹が膨れて今後に影響する恐れがあるのでウィスキーをいただきます。
あまり期待してなかったのですが、おいしゅうございます。
良い方に裏切られました。
定観のチケットを見せたので1割引きしてもらってお得な気分です。

Dsc01221次の下車見学地、大倉山シャンツェにやってきました。

ガイドさんは、日本語のみのツアーに何故か乗ってきた中国人の取り扱いに一苦労です。
リフトのチケット売り場前で、定観のチケットを提示すると団体料金でチケットが購入できること、集合はバスに○○分後、と言う事を伝えたかったようなのですが、中国人は自由です。
何も聞かずにどこかへ行ってしまいました。Dsc01222


ラージヒルのジャンプ台は、実際に飛んでいる人がいなくても迫力のあるものです。Dsc01227


出発時間までは時間があるのでリフトで山頂展望台を目指します。Dsc01230


コンクリートの壁があるのが指定席。
芝生が自由席となるのだそうです。
大きな大会の指定席でも1000円位なので冬の季節に来る機会があれば迫力ある実際のジャンプをお楽しみくださいとの事です。Dsc01231


丁度踏み切りの場所になります。

リフトは、リフトがとまらないと乗り降りできない中国人のため、何回か途中停車を繰り返します。
乗れないのなら乗らなければいいと思うのですが、ここの観光客の比率は日本人と中国人がほぼ互角なので仕方が無いのかもしれません。Dsc01233


頂上から見た札幌市内の様子です。
なかなか絶景です。
Dsc01248


このコースのバッケンレコードは146メートルだそうで、よくこんなに飛べたもんだという場所まで飛んでいます。

無事集合時間に全員集合。
次の目的地へ向かいます。

|

« 定観観光バスに乗るため札幌駅へ | トップページ | 札幌観光もりだくさん 札幌1日コース その弐 »

旅行_北海道」カテゴリの記事