« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

ホテルたきしま_1710

20171014_151958369
鳴子温泉の「たきしま」へとやってきました。
当日10時過ぎにケニーさん、おぐちゃんと話がまとまり、そこからの予約です。
今回は素泊まりでお願いします。

宿は12畳の部屋を用意してくれていました。冷蔵庫付きです。
コンベクターに温水が回っているため部屋は暑めです。
窓を開けて調節します。

まずは浴衣に着替えて温泉へGO!!20171014_153047040


薬湯は日帰り客が待ち行列を作っていたので大浴場に入ります。
大浴場のお湯も他の温泉に比べたら「効く~」の状態です。
まったりとさせていただきました。

20171014_183731368



今度は薬湯が空いていたので入ります。
お湯は若干熱めでしたが、窓が全開だったのでサウナ状態の浴室ではありませんでした。
残念ですが、このままでは入れないので加水しますが、窓を閉めたので風呂から上がる頃にはミストサウナ状態で体の表面からの他、身体の中からも温泉成分を吸収します。

汗と一緒に身体の悪いものが流れ出したような気になります。
効能ばっちりの温泉です。20171014_185239195


この日は宿泊者が余りいなかったので、何度も薬湯に入る事が出来ました。20171015_082040196


珍しい茜霧島を呑ませていただきました。
街で呑むよりはるかに安くつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼎きん源

20171014_132742607


大崎市にある元はコンビニだったような造りの「鼎きん源」さんにお邪魔しました。

お昼のピークはちょっと前に過ぎた時間帯でした。後片付けが追い付いていないようで、ほとんど客がいないにもかかわらず、テーブルには丼や皿が置いたままです。

皿や丼の無いテーブルに座り「ネギラーメン(580円也)」を注文します。20171014_133920046_2





料理の方は標準的な待ち時間で出来上がりました。

若干のび気味で量が多い田舎スタイルですが、味付けは本格は台湾系な感じです。

おいしゅうございました。

関連ランキング:中華料理 | 東大崎駅塚目駅西古川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り温泉ゆ~チェリー

20171013_132017205東根で山形そばをいただいた後は、寒河江の日帰り温泉にやってきました。

駐車場はほぼ一杯の状態です。
中が混んでいなければいいな!と思いながら券売機で350円の入浴券を購入します。
中はそれほど混んでおらず、のんびりゆっくりと寛ぐ事が出来ました。

ただし、常に人がいたので写真は無しです。
露天風呂と内風呂2か所がそれぞれ別源泉という、とても贅沢な施設です。

日帰り温泉ゆ~チェリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七兵衛そば 東根店

20171013_114449296


東根市にある「七兵衛そば 東根店 」へとやってきました。
11時20分頃に到着する事が出来たので、まだそれほど混み合ってはいません。
レジ前の番号札を取らなくてもフロア係が取ってくれて、そばを食っているオヤジと相席を指定されました。
お茶もセルフが基本のはずですが、空いているので持ってきてもらえました。20171013_111931511

「板そば_大盛(1030円也)を注文いたします。20171013_112046618


注文を受け付けると「おかずになります。」と茄子の辛漬けとキクラゲ、そばつゆと大根汁の入った蕎麦猪口、ネギとわさびの薬味を出してくれます。
主食が出来上がる前に、おかずをつまんでしばらく待ちます。20171013_112426837


混んでいなかったので作り置きをしていなかったようで、若干長めの待ち時間の後、注文の品が出来上がりました。

山形そばなので若干腰があり、ボキボキとまではいかないものの、硬めのそばです。

2.5玉あるそうですが、完食できました。

大変おいしゅうございます。

関連ランキング:そば(蕎麦) | さくらんぼ東根駅神町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊っ子ラーメン二日町店_1710

20171011_205407785


美味しくはなったけどちょっと飽きた!
と、しばらく遠ざかっていた熊っ子ですが、日替わりメニューで「ワンタン麺_塩(580円也)」を発見し、いただいてみることにしました。

どうしても毎回同じような味になってしまうのですが、それでもおいしゅうございます。

関連ランキング:ラーメン | 北四番丁駅勾当台公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬菜‐小豆_1710(其の壱)

20171011_174039567

この日は集合時間より若干早めに到着する事が出来ました。
先にチビリチビリやってます。

いったいいつになったら北朝鮮は弾道ミサイルをグアムに飛ばすのかについて語り合いました。

20171011_182258426


何とか適量で済ませる事が出来ました。

関連ランキング:割烹・小料理 | 北四番丁駅勾当台公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン☆ビリー_1710

20171008_113640686フォレオ内にある「ビリー」にやってきました。


待合椅子に並んでいるのはテーブル席所望のグループだったため、お先にカウンター席に座らせていただきます。
今回は「カラくてシビれるつけメン(880円也)」をいただきます。
それほど辛くも痺れも無く美味しくいただけました。

関連ランキング:ラーメン | 陸前原ノ町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌海老麺舎_仙台泉店

20171009_113234878
「つけ麺開拓舎 仙台泉店」が、10月から
「札幌海老麺舎_仙台泉店」に変わりました。

と言っても、変更点は店名が変わって竹本商店のサービス券が無くなったこと位で、メニュー構成は全く変更ありません。

約10分程待合椅子で待たされてからカウンター席に案内されました。20171009_115834272

今回は「辛油そば(730円也)」をいただきます。

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。

辛と名前がついていながらそれほど辛くはなく、万人受けしそうな味付けとなっています。
おいしゅうございました。

リンクは9月までのつけ麺開拓舎時代の物になります。

関連ランキング:つけ麺 | 泉中央駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋とがし 龍冴_1710

20171007_123518177龍冴さんへお邪魔しました。
運良く駐車場も空いていました。
並びも無く、入り口脇の券売機で「油そば(730円也)」を選択します。
標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。20171007_123525230

記念撮影後はぐちゃぐちゃに混ぜて、酢とラー油とマヨネーズをかけていただきます。

おいしゅうございました。

関連ランキング:ラーメン | 宮城野通駅仙台駅五橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 翔_1710

20171001_123416144


久しぶりに翔に来る事が出来ました。

土日の昼時は、結構駐車場が満車の事が多いです。

この日はタイミングよく2人掛けのテーブルを使わせてもらいました。

「油そば(600円也)」をいただきます。

温泉卵とニンニク、背脂をお願いします。
大変おいしゅうございました。

関連ランキング:ラーメン | 東仙台駅苦竹駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二丁目酒場 二日町店_1709(其の髭)

20170927_175223949


京都旅行記でしばらくぶりの日常に戻ります。

9月、京都に行く前日。
おぐちゃんに誘われて二丁目酒場へやってきました。20170927_175621562


おぐちゃんからアスペルガー症候群についての講義を2時間ほど聞きました。

関連ランキング:居酒屋 | 北四番丁駅勾当台公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_16(河原町から伊丹・仙台へ)

Imgp2170


河原町に戻ってきました。Imgp2172


木屋町で記念撮影。
荷物を取り出し、阪急電車に乗り込みます。Imgp2175


茨木市駅で特急から準急に乗り換えます。Imgp2176


南茨木市駅でモノレールに乗り換えます。Imgp2177


太陽の塔が見えたので撮影しました。Imgp2184


チキンラーメンのラッピング車でした。Imgp2190


無事に旅程を終えかけて最後の飛行機のみなので乾杯です。Imgp2195


少し早いけど行列がすごいので保安検査に並びます。
通り過ぎるまで約15分ほどかかりました。これではやばいと当局も思ったらしく、ゲートが増やされました。Imgp2200


行きとは違い、大きめの飛行機です。
エンジンも大きい様で早着です。

楽しい旅でした。

次はどこに行こう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_15(竜安寺・金閣寺)

Imgp2122


竜安寺の門前の茶店で昼食をいただく事にしました。

「天ざるそば」をいただきます。

関東も関西も変わらない味です。Imgp2129


紅葉の季節はすごくいいんだろうな、という竜安寺です。Imgp2130


ここからは靴を脱いで有名な石庭を拝観します。Imgp2132


まずはミニチュアから。Imgp2133


前評判で期待しすぎたからか、仁和寺の方が見た甲斐があったかな?Imgp2144


でも紅葉時期に来たかったと思う立派な庭です。Imgp2148


路線バスに乗って金閣寺へとやってきました。
Imgp2150


結構外国人比率が高い場所です。Imgp2151


なかなかきれいなものです。Imgp2158


もう少し落ち着いて拝観できればよかったのですが、中国人がこう多くては落ち着いてなど無理な話です。

荷物を預けた河原町の駅まで市バスで向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_14(仁和寺)

Imgp2085_2


嵐電の帷子ノ辻駅で乗り換え、御室仁和寺で下車します。Imgp2086


駅の正面に仁和寺の二王門が見えます。
3分程で到着です。Imgp2091


明治・大正の時代に再建された建物らしく、中に入ることもできるし写真に収めることもできます。Imgp2092


素晴らしい襖絵です。Imgp2096


庭石も綺麗に整えられています。Imgp2100

歴史が浅いからかもしれませんが、近くで見ることができて、素晴らしいです。Imgp2101


Imgp2109


明治大正の建物を見た後は、歴史ある建物の外観を見て回ります。Imgp2111


世界遺産に指定されているのだそうです。Imgp2112


確かに歴史ある建物の様です。Imgp2114


水掛不動に水を掛け、もうしばらく世界平和が続きますようにとお祈りします。

さすがは世界遺産です。かなり長い時間参拝させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_13(天龍寺・竹林・野宮神社)

Imgp2049


また、嵐電嵐山駅の方に戻ってきます。
時間とともに人出が多くなってきました。
まずは天龍寺を参拝します。Imgp2062


臨済宗のお寺なので達磨絵があります。Imgp2067


ここの建物は明治維新で焼失して再建したものらしいのですが、庭は嵐山をバックにして素晴らしいです。Imgp2071


庭を愛でながら北門を抜けると竹林が広がっています。Imgp2075


手入れが大変だろうなと思う程の広さに広がっています。Imgp2076


竹林の中に野宮神社がありました。Imgp2078


すごい人出です。伏見稲荷ほどではないのですが、外国人比率もかなり高いです。そのうちの中国人比率もかなりあります。

何とか嵐電嵐山駅まで戻って嵐電に乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_12(嵐電・渡月橋・電電宮)

Imgp2013


四条大宮から嵐電に乗ります。Imgp2014


一両編成の路面電車(専用軌道もあります。)です。Imgp2015


丁度座ったところで出発です。Imgp2021


あっという間に嵐電嵐山駅に到着です。
早めの時間なので、まだそんなに混んでいません。左に折れて5分程進むと渡月橋がありました。Imgp2024


渡り切って河原から眺めます。
まるで木製に見えますが、ちゃんとコンクリート橋なんだそうです。Imgp2027


ちょうど星野リゾートの船が到着するところでした。Imgp2030


まずは電電宮にお参りします。Imgp2036


電波の神様だったはずの電電宮は電気通信の神様になられたようです。Imgp2032


となれば、調布にある、現在では国立コンピュータ専門学校になってしまった電波系の学校に通ったことのあるミイにとっては参拝する価値のある御宮です。
東芝、日立、日電、富士通と、日本の名だたる業界関連会社の名前があります。

現業務で使っている不安定なシステムが少しは安定するようにとお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_11(二日目の食事)

Imgp1850


まずは昼食から

山崎工場のあるあたりは閑静な住宅街、大きなお店はありません。
工場見学の前に腹ごしらえをしておかないと、すきっ腹では酒に呑まれてしまいます。

てなわけで、工場近くにある「かぎ卯 」さんへお邪魔しました。Imgp1846


先客は中国系の一組のみ。

かつ丼とざるうどんのセット(1010円也)を注文いたします。Imgp1849


それほど待たずに注文の品が出来上がりました。

つけ汁は関東風も関西風も無く、そのままなめればしょっぱい物です。
関東圏ならざるそばになる処がうどんなのでしょうか?かつ丼のかつは生姜焼き用の肉程度にスライスされています。
味は若干薄口でしょうか?

量は、両方合わせて1.5人前というところでしょうか?

おいしゅうございました。Imgp1987


そして晩飯は、本当は千ベロのお店に行くはずでしたが、既にべろんべろん!
〆のラーメンにします。
天下一品 京極店へとやってきました。
ビルの半地下にあるこじんまりとした店です。

Imgp1988


天下一品こってり並(700円也)をニンニク入りでお願いします。
本場の天一は先にニンニクをオーダーする方式です。後入れのこむらさき系列とは違うので注意が必要なうえ、味の変化は楽しめません。Imgp1990


標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。
お味の方は
若干こむらさき系の麺の方がいいかな?
スープはどちらも変わらない感じです。

150円の差があるので京都の勝ちとします。

関連ランキング:うどん | 山崎駅大山崎駅

関連ランキング:ラーメン | 河原町駅祇園四条駅三条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_10(伏見稲荷)

Imgp1950

京都で乗り換えて伏見駅までたどり着きました。
結構いい気分なのでホテルに戻ってもいいかな?という感じなのですが、東横インは16時まで部屋に入れません。(この時間で15時15分頃です。)Imgp1954

Imgp1959


外国人比率の非常に高い神社です。
「外国人が選ぶ日本の観光地1位」なのだそうです。Imgp1961


白人系はいいのですが、中国人は途中で急に立ち止まるは、急に自撮り棒を振り回すはなので、近づかないようにしないと危険です。Imgp1962


鳥居の入り口は記念撮影する中国人で塞がってしまっています。Imgp1965


右側通行と各国語で書いてあっても中国人には無駄の様です。Imgp1974


おもかる石です。
軽く持ち上げられれば願いが叶うそうです。
中国人に頭に来ていたので、軽々とまではいきませんでしたが予想よりは軽く持ち上がりました。
これで、そのうち宝くじで一等を当てる事が出来そうです。Imgp1980


たまたまタイミングよく、誰もいない場面を撮影できました。
きっと何かいいことがおきるでしょう。Imgp1984


帰りは京阪電車で祇園四条まで向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_9(山崎蒸溜所ツアー ②)

Imgp1914


作並や余市のニッカ蒸留所は木造の貯蔵庫が並んでいたのですが、サントリーはコンクリート造りの貯蔵庫となります。Imgp1917


しっかりと栓がされています。Imgp1925


これでもかと積み上げられています。Imgp1927


工場見学はここまで!
残りは美味しいウィスキーの呑み方を学びます。Imgp1932


左からオーク樽の12年以上、若い原酒をワイン樽で半年ほど寝かせたもの、山崎(水割り用)、山崎(ハイボール用)です。
美味しい飲み方、50:50での水割りで樽の違いを利き酒した後は、ブレンドされた山崎を味わいます。
最後にハイボールの作り方を教わって終了となります。Imgp1939


つまみも厳選されたものが出てきます。(食品工場なので乾き物ですが。)Imgp1941


さて、今度は有料試飲になります。
山崎ニューポット、響21年、山崎12年シェリー樽をいただきます。
ぶうちゃんが一口口をつけただけで呑まないので、結局自分一人でほとんどを飲みました。
この日の夜の予定はキャンセルと相成りました。(一次会:千ベロの店「すいば、二次会:アイラモヒートの予定でした。)
頑張って山崎駅を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_8(山崎蒸溜所ツアー ①)

Imgp1832





阪急電車で大山崎へやってきました。山のふもとには山崎工場が見えます。Imgp1835


改札を抜けると、山崎工場への道案内がありました。Imgp1851


約10分ほど歩いてJRの踏切を渡ると山崎工場がありました。Imgp1852


受付で参加費1,000円を支払い、名札を首からぶら下げます。

ツアーの時間まで山崎ウイスキー館を見学します。Imgp1862


ニッカの余市工場や作並工場とは違い、山崎ウイスキー館は見学のみの場合でも予約(無料)が必要となっています。Imgp1867


サントリーの歴史が学べますが、創業時の功労者、竹鶴政孝の事には一言も触れられていません。Imgp1869


山崎のウィスキーだけかと思ったら、サントリーに買収されたボウモア酒造やラフロイグ酒造の酒も保存されていました。Imgp1873


Imgp1887


時間となりツアーが始まります。
外国人比率が高く、7割近くが外国人です。
そのうちの8割近くが白人です、ジャパニーズウィスキーの人気が窺えます。Imgp1889


工場の中の道は公道だそうで、案内中も車に気を付けるように言われます。Imgp1895


最初は仕込と発酵から見学です。Imgp1897


Imgp1904


で、次は蒸留。
スチルポットは全部で12基あるそうです。Imgp1909


常時すべてのスチルポットを使っているわけではないらしいのですが、この時は全て稼働していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_7(三十三間堂と八坂神社 )

Imgp1794





二日目の朝、京都駅まで出てきました。
三十三間堂行きのバスに乗ります。Imgp1796


バスを降りて反対側にありました。Imgp1800


堂内は撮影禁止のため外観写真になります。Imgp1803


長すぎて一枚の写真には収まり切りません。Imgp1807

三分割でやっと写真に収める事が出来ました。 修学旅行生は多かったものの、ゆっくりと拝観する事が出来ました。Imgp1824


三十三間堂の次は、またバスに乗って祇園まで来ました。
八坂神社へ参拝です。Imgp1816


参道が曲がりくねっているのは四条の通りを拡幅したからとブラタモリでやっていたのを思い出しました。Imgp1819


ここでは早くも巫女さん募集を始めています。Imgp1822


Imgp1821


「宝くじが当たりますように。」と「世界平和」を祈ります。

その後、本日のメインイベント!サントリー山崎蒸溜所「山崎蒸溜所ツアー」に参加するため、阪急河原町から大山崎を目指すのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_6(肉バル 大樹 )

Imgp1776


東横インにチェックイン。荷物を置いたら数軒隣の「肉バル 大樹」にやってきました。
お通しは生ハムになります。Imgp1778


まずはレバーペーストでビールをいただきます。Imgp1779


お肉屋さんのポテトサラダは何やら肉が入っています。

飲み物をがぶ飲みワインに変えます。
中々こじゃれた料理を戴きます。

ほろ酔い気分のあたりで止めておきます。

おしゃれなお店でした。

 

関連ランキング:居酒屋 | 四条駅(京都市営)五条駅(京都市営)烏丸駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_5(今宵の宿は東横イン京都五条烏丸)

Imgp1768


若干繁華街のはずれの方にあるのが今回の宿です。Imgp1769


405号室に泊まりました。広くもなく狭くもなく標準的な東横インの仕様です。Imgp1770


ナイトウェアー、かみそり、くし、固形石鹸は一階エレベーターの横から必要に応じて持っていく方式です。新聞はフロントのカウンターから持っていきます。
バスマット、バスタオル、タオル、歯磨きセット、は部屋に備え付けてあります。Imgp1772


バスルームも標準的な東横インサイズです。
難点は、エレベーターが一基しか無いこと。
朝食時とチェックアウト時は満員通過、一度で乗れないことがあります。Imgp1783


朝食無料の東横インですが、内容は満足できるものでした。(晩飯の話をとばして朝食の話をします。)


ネットでは、補充のタイミングが遅いとか、席数が足りなすぎるとか、おかずの品数が少なすぎるとか、散々のようですが、それなりに納得する品数のおかず、無くなればすぐに補充、ロビー前に増設されたテーブル、で標準的な東横インの無料朝食サービスとなっています。Imgp1785


こんな感じでいただきました。
ぶうちゃんはカレーを一皿、ごはんを一皿と欲張ってしまい、昼になってもお腹が少ないと申しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_4(高台寺)

Imgp1737





次に訪れたのは高台寺になります。Imgp1742


秀吉とねねをお祀しているお寺です。Imgp1750


なかなかいい感じです。Imgp1759


この渡り廊下は、外から見ると龍の様だと言う事で臥龍廊と名付けられました。

千利休監修の茶室は伏見城から移建したのだそうです。Imgp1763


美しい竹林もありました。Imgp1765


龍の頭がありました。Imgp1766


位の高い人のみが使える勅使門です。
当然我々のような観光客は通れません。Imgp1767


瓦にちゃんと高台寺と焼いてありました。

清水寺より来た甲斐があったと思わせる綺麗な庭でした。

まだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_3(清水の舞台は修理中)

Imgp1699


平成15年の建立となる「仁王門」です。3時過ぎの時間ですが、修学旅行と思しき小学生の団体が門の前で整列させられていました。Imgp1701


修学旅行生たちと一緒に進みます。
奥に見えるのは、昭和62年に建立された三重塔です。

轟門から先は拝観券を持っている人だけが入場できます。Imgp1708


良い感じになってきました。いよいよ清水の舞台へ!!Imgp1709


残念な事に清水の舞台は修理中でした。Imgp1717


奥の院側から見ても、工事用シートで覆われています。Imgp1723


音羽の滝は修学旅行生で待ち行列が出来上がっていました。
パスします。Imgp1724


下から見上げても工事用シートで覆われています。Imgp1725

松原通から三年坂を経て二年坂を歩きます。Imgp1732


15分くらい歩いたでしょうか?Imgp1734


土産物屋が所狭しと並んでいます。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_2(まずは清水寺へ)

Imgp1678


無事伊丹空港に着陸しました。
またランプバスに乗って移動します。Imgp1680


荷物を受け取ってリムジンバス乗り場へ行きます。Imgp1684


南ターミナルを発車後、北ターミナルで満員の客を乗せ約50分。
Imgp1686


京都駅八条口に到着します。Imgp1689


反対側の京都駅前のバスターミナルから市バスに乗り込みます。
満員です。
五条坂で下車します。Imgp1691


交差点を渡ると、道が狭いので歩道を歩け!の手書きの看板が目につきます。
Imgp1692


しかしながら、ここを歩く観光客のほとんどが中国系のため、看板を理解していません。Imgp1693


もっとも、人が歩いていなくても大型車同士はすれ違いにかなり苦労するようです。Imgp1697


茶わん坂を歩いて清水寺に到着です。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_1(小さな飛行機で伊丹まで)

Imgp1648


いつも旅の始まりは東照宮駅から(車の時は無理だけど)

約2分ほど遅れて東照宮駅を発車です。

仙台駅での乗り継ぎが3分なので間に合うかどうか?Imgp1650


発車時刻を過ぎたのに走って行ったら待っていてくれました。

てなわけで仙台空港アクセス線の営業にも貢献します。Imgp1652


こちらは定刻に仙台空港駅に到着です。
反対側のホームからは2両編成の電車が発車します。

この段階で8割がた座席は埋まっていました。4両化が望まれるところです。


面倒くさいので荷物は預けます。
最近は預ける荷物もレントゲンで調べられます。

荷物を預けたので早めの昼食にします。Imgp1661


味噌ラーメンをいただきます。
結構値段が張る割には、まるで社員食堂の様な味です。Imgp1664


ただ、ロケーションはいいので搭乗ロビーと飛行機を眺めながら食事が出来ます。

食事の後、保安検査を受けて搭乗ロビーに移動して出発時刻を待ちます。Imgp1670


体の不自由な人、ANAのメンバーを先にチェックインした後、一見の客のチェックインが始まります。Imgp1671_3

今回の飛行機はバスで移動です。
ちょうど一台目が満車となったとの事で、2台目のバスで移動します。

Imgp1672


飛行機に乗り込みます。

Imgp1673


窮屈な感じさえする小さな飛行機です。それでも70人乗りで満席だそうです。

Imgp1675


雨が降っていたはずなのに雲の上はこんな感じです。

次回へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下一品 中央通り別館_1709

20170922_211010191天一へやってきました。
なんと値上げされていました。しかもゆで卵サービスも無くなっています。
いったいどうなっちゃったのでしょう。

天下一品ラーメン味噌(900円也)」の食券を購入します。
フロア係に空いているカウンター席を案内され、そこに座ります。
食券を渡しますが、やがて来たのはお冷だけ!いつもの茹で卵はありません!


ゆで卵が食べ放題だったころを懐かしんでいると、注文の品が出来上がりました。
20170922_211031043


フライドオニオンとすりごまをかけて気持ちを落ち着かせます。

お味の方は・・・・・。
ゆで卵が無くなり、値段がアップしただけではなく、白菜とバラ肉の量まで減ってしまっていました。
残念な気持ちで箸を進めます。
味が変っていなかったのだけが幸いでした。

関連ランキング:ラーメン | あおば通駅広瀬通駅仙台駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坐・和民 仙台西口駅前通店_1709

20170922_193403487
丁度仙台駅で仙山線に乗り換えようとしている「誘ってるのスカ?」とのメールが入りました。
別に誘いをかけたわけではないのですが、よっぽど飲みたくなったのでしょう。いきなりの文面が「誘ってるのスカ?」普通の人はたまげるかもしれませんが、そこは知った仲です。
「イクスカ!」と返事を返します。

てなわけで「坐・和民」さんへお邪魔しました。
喉を潤しながら、解散総選挙について語り合いました。

(お通しの写真を撮り忘れたので漬物盛り合わせの写真です)

関連ランキング:居酒屋 | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »