« 餃子酒家 照井 | トップページ | ペンション 森のバスケット_1811(その弐:ガーデン風呂) »

ペンション 森のバスケット_1811(その壱:部屋)

20181117_132435581


まるで北海道にでも来たかのような風景が広がります。

「道の駅・つちゆ」で一休み。20181117_132439920


東北自動車道はリニューアル工事実施中のため、福島飯坂インターで降り、昼食を照井の餃子ですませ、国道115号線を通って猪苗代に向かいます。

渋滞にもあわずに翁島駅近くにある七ツ森ペンション村へ到着です。20181117_151349636


今宵の宿はペンション 森のバスケットになります。宿の前の駐車場に車を停め、玄関に進むと「ベルを鳴らしてお入りください」との表示があります。
ベルを押してドアに手をかけると、オーナーさん(60代位かな)が「いらっしゃいませ」と出迎えてくれました。

靴を下駄箱に仕舞い、チェックイン手続きをすますとさっそく部屋に案内されました。20181117_151439106


クローゼットには、お風呂セットのバッグがありました。
バスタオル、タオル(歯ブラシ入りで持帰り可)、濡れたタオル用のビニル袋がセットされています。
浴衣が無いので持ってきた部屋着に着替えます。(食事時はまたカジュアルではありますが着替えます。)20181117_151517082





その横にはテレビと冷蔵庫、ドライヤーもありました。
ちょうど大相撲中継をやっていました。
地上波の他、BSも映りました。20181117_151454471





トイレはユニットバスと一緒のタイプです。
ホテル並みに循環ポンプが設置されている様で、蛇口を開ければすぐお湯が出ます。
普段使っている様な古い旅館にはない設備なので、ポイント高しです。20181118_080038578


ちなみに部屋は2階の一番奥の部屋でした。
この日の宿泊は、二組だけでした。
もう一組の方も同年代のカップルで、静かに時を過ごすことができました。

次は風呂のお話です。

|

« 餃子酒家 照井 | トップページ | ペンション 森のバスケット_1811(その弐:ガーデン風呂) »

旅行_山形、福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンション 森のバスケット_1811(その壱:部屋):

« 餃子酒家 照井 | トップページ | ペンション 森のバスケット_1811(その弐:ガーデン風呂) »