« マル寛そばや_1901 | トップページ | 旅館大沼_1901(後編) »

旅館大沼_1901(前編)

20190112_143656292東鳴子の旅館大沼さんにお邪魔しました。

14時半ころの到着となりました。列車よりは早く到着できたと思っていたのですが、ソファには既に沢山のお客さんが。
宿帳を書いている間にようやくソファが空きました。Imgp2967


案内された部屋は自炊棟303号室。
冷蔵庫は有りません。Imgp2968


浴衣など(タオル、歯ブラシ、足袋、バスタオル、茶羽織(以上人数分)ドライヤー)は籠に納まっています。
普通のサイズしか用意していなかったので特大を持ってきてくれました。(特大はサイズはピッタリなのですが、階段で自分の裾を踏んでしまうので普通の大の方がいいかもしれません。:忘備録)Imgp2969




6畳間にエアコン、テレビ、電気ポット完備です。
茶器セットとコップ、内線電話とティッシュボックスがあります。

お風呂の様子は毎回同じ写真になってしまうので前回分で確認してください。

母里の湯だけが17時半からと日没後になってしまったので紹介します。20190112_172941625


とてもいい感じですが、ミイはここで悪寒に襲われます。
どうやら風邪をひいてしまったようです。
インフルエンザでなければいいのですが。

|

« マル寛そばや_1901 | トップページ | 旅館大沼_1901(後編) »

温泉_県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅館大沼_1901(前編):

« マル寛そばや_1901 | トップページ | 旅館大沼_1901(後編) »