« 十文字屋 | トップページ | 蕎宿湯神(夕食編) »

蕎宿湯神(お部屋編)

20190215_150243066


会津の大観音から約一時間程で、本日の宿、蕎宿湯神へ到着しました。

丁度、チェックインの時間にフライングせずにの到着です。20190215_150506267


声をかけると、待ち受けてくれていた若に、更科庵へ案内されました。入り口を入ると囲炉裏(消防署から使用は禁じられているらしく、灰皿代わりに使用してくださいとの事)のある食事部屋があります。空の冷蔵庫、コップ、茶器、冷水、ポットがあります。
石油ファンヒーターが一生懸命部屋を暖めていました。


20190215_150446150左の部屋は寝室です。
すでに布団が引いてあります。
無理をすれば4人まで収容できるようです。20190215_150454556



反対側にはテレビ、金庫、ティッシュがあります。浴衣や半纏がありました。
この部屋はエアコンが一生懸命稼働していました。
リモコン入れにはテレビ、エアコン、照明の三つのリモコンがありました。

宿帳があったので記入してフロントに提出します。20190215_150513256


囲炉裏のある部屋の右側の引き戸をひくと脱衣室になります。タオル、歯ブラシ、バスタオルが置いてあります。
マッサージチェアもあります。20190215_150521961


引き戸入ってすぐ右には洗面台があります。ドライヤーと歯磨き用コップがあります。
ペーパータオルも備え付けてありました。20190215_150553545


洗面台の隣はトイレです。洋式で温水洗浄式です。20190215_150529145


洗面台の向かいのドアを開けると温泉かけ流しの浴室です。
42度程に調整されていて、いくらでも入っていられそうです。
20190215_150534408


浴槽は2人は一緒に入れそうな大きさです。
お湯の量で調整してもいいのでしょうが、この時期は窓を開けて外気導入によっても温度調整が可能です。20190215_152033999


カランの周りはこんな感じです。
シャンプーやボディソープもそれなりのものが用意されています。

到着後、夕食前、夕食後、早朝、朝食後と入浴させてもらいました。

|

« 十文字屋 | トップページ | 蕎宿湯神(夕食編) »

温泉_その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎宿湯神(お部屋編):

« 十文字屋 | トップページ | 蕎宿湯神(夕食編) »