旅行_TYO

浅草寺

20180513_131811013


京成線から直通で都営浅草線浅草駅まで来ました。
時間帯もちょうど良かったのでしょう。
凄い人込みです。20180513_132654289


高尾山とは違い、外国人は東洋系だけではなく西洋系の方々もいます。20180513_132705797


ただ、ガイドブックでの予習が足りないようで、2礼2拍手1礼をする方がたくさんいて、警備員さんに日本語で注意されている外国人がたくさんいました。
残念ながら日本語は通じていないようです。20180513_134709405


お参りのお土産といえば「やげん堀」です20180513_134715238



調合もできるというのですが、既製品を購入します。20180513_140626098


天気予報より1時間も早く雨が降り出したので、あずま橋を渡ってアサヒビールで雨宿りです。20180513_141127132


蒸し暑いので「エクストラコールド」を頼みます。20180513_141704749


酒肴はビールに合わせてフィッシュアンドポテトです。

関連ランキング:ビアガーデン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅とうきょうスカイツリー駅

一時間程休んで上野駅に向かい荷物をピックアップします。20180513_165632370



始発の東京駅に移動し、お土産購入後はまた時間調整です。

関連ランキング:居酒屋 | 東京駅京橋駅宝町駅

20180513_180542718


ちょうどいい時間になったので新幹線に乗り込みます。
今回も楽しい珍道中となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帝釈天

20180513_115947533


寅さん記念館のあとは、寅さんが産湯を使ったという帝釈天に来ました。20180513_120016174

ちょうどお昼で鐘を鳴らしていました。20180513_120031922


本堂で宝くじの当選祈願をします。20180513_120426776


京成線の駅を目指して歩きます。
両側にはお土産屋やらお食事処やらが並んでいます。20180513_121141137


ちょうどお腹もすいたので、ここで食事をしていきます。20180513_121343251


くるま屋のような昭和の佇まいを残しています。20180513_121937535


こちらがぶうちゃんの「天丼(1200円也)」20180513_121840474


これがミイの「川魚御膳(2700円也)」
あらい、鯉こく、うな丼、草団子のセットです。
泥臭い川魚ばかりでしたが、それなりに美味しゅうございました。

関連ランキング:うなぎ | 柴又駅新柴又駅

20180513_123425109


寅さんの像の横には妹さくらの像が立っていました。20180513_123458411


まるで見つめあっているような配置と表情です。
同時期に立ったものではないので、なかなか難しかったのではないでしょうか。
20180513_123907667


ちょうど電車が来たので乗り込みます。
高砂駅は、高架の金町線専用改札を出て本線改札に入るようになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寅さん記念館

20180513_111850564


堤防を越えて5分ほど行くと寅さん記念館があります。20180513_111853720


ザ.昭和のくるま屋のセットがそのまま移築されています。20180513_111906753


寅さんを知らないと思われる若い世代の方も結構いました。20180513_112153593


裏のタコ社長の会社もちゃんとあります。20180513_112918598


寅さんの履歴書。
住所不定では雇ってくれる会社は無いと思うのですが!20180513_112925128


住所不定だと国保加入もできないような気がします。20180513_113738902


なかなかコンパクトな旅支度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢切の渡し

20180513_102001028


松戸駅で下車します。バス乗り場に向かうと、ちょうど一時間に一本(しかも土日限定)矢切の渡し行きのバスが止まっていました。
乗り込んだところで発車!
乗客は我々と中年オヤジの二人組の計四人です。20180513_103047883

中年オヤジは途中で下車してしまい。終点まで乗っていたのは我々だけでした。20180513_103059716


案内看板にはいろいろな周遊コースが案内されていますが、まずは矢切の渡しの乗り場を目指します。20180513_103203698


堤防に登ってみると案内標識があるのでそれに従います。20180513_103534759


5分ほど歩くと到着です。20180513_103614955


自転車と一緒に渡ろうという若者5人組の後ろに並びます。20180513_103623439


いろいろな注意書きが書いてあります。20180513_103628974


対岸を出発した渡し船がこちらに向かってきます。20180513_104414948


5分ほど待ったところで渡し船が到着し、乗り込めました。
自転車が5台も一緒なのでかなりギュウギュウです。
乗船の際に船賃200円を船頭に渡します。20180513_104704562


ゴールデンウィークは写真に写っている船溜まりの2艘と合わせて3艘で営業したけど長蛇の列だったのだそうです。(随分と儲かったようです。)20180513_104901827


いろんな映画やドラマに出てくる取水塔が見えます。
船頭さんは、オプションで費用が発生するけどリクエストがあればこのままレイクタウンに行ってもいいよ!と声をかけるのですが、だれもリクエストしません。20180513_105306025

大サービスで10分程かけて対岸に到着です。
商売っ気の無い、元ヤンという感じの中年チョイ悪オヤジの船頭のぼそぼそという語りも面白かったです。
20180513_105559753


松戸側はゴルフ場でしたが、葛飾区側はグランドになっています。
野球のほかに少年ラグビーチームが練習をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野駅~神田明神~湯島聖堂

20180513_082701849





ブィラフォンテーヌをチェックアウトし、上野を目指します。20180513_083508770


春祭りがおこなわれています。20180513_083723030


江戸っ子の祭りは神輿が中心のようです。20180513_083811524


そうこうしているうちに上野駅までやってきました。20180513_084226625


昔の分かり易い場所にあったコインロッカーは、わかりづらい場所へと追いやられてしまいました。
ここでも新型のコインロッカーに置き換わっています。20180513_090923548


荷物を預けた後にやってきたのは神田明神です。

ビルに挟まれて窮屈そうな鳥居です。20180513_091237719

隨神門まで来ると周りが開けてくるので窮屈な感じはしません。20180513_091306579


手を清めます。20180513_091355912


もう年なので情報システム系の職場には異動しない様にと願をかけます。

神田明神にお参りした人は成田山へはいかない方が良いのだそうです。
キーとなっているのは、平将門だそうです。
神田明神は平将門を祭っているのに対し、成田山は平将門に呪詛をかけた場所なのだそうです。20180513_091822801


縁結びの神様でもあるので、こちらで結婚式を行うようです。
おめでとうございます。20180513_092649968


IT情報安全守護をいただき、次に、「日本の学校教育発祥の地」湯島聖堂へ向かいます。

もう50年ほど前にこちらを訪れていれば、また違った人生を歩めていたのかもしれませんが、後の祭りとはこのことです。20180513_092758050


孔子様です。
私も講師を務めることがたまにあるのですが、なかなか私の話は面白くないらしく、受講生はほとんど睡眠学習法を活用してくれます。20180513_092910213


都心とは思えない雰囲気です。

20180513_093039219


筑波大を退官した芸術家の作品展が開催されていました。20180513_093135985


残念ですが、学が無いので作品の良さが伝わってきません。20180513_093701035


御茶ノ水の駅に戻るため、聖橋を渡ります。
湯島聖堂とニコライ堂を結ぶので名付けられたといわれています。20180513_093758150


地下鉄が川の上を渡るの図です。
橋を渡ると元の日立製作所本社があったビルです。
立て直したのに同じ位の高さだと思って調べてみたら、下にJRと地下鉄が通っているのでこれまでの高さに留めておかないと大工事を行う必要があるのだそうです。20180513_094315329


地下鉄に乗って松戸を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィラフォンテーヌ東京上野御徒町

Imgp2467


新御徒町の駅から5分もかからず、目的の建物が見えてきました。
玄関入って右奥のフロントでチェックイン。
部屋にはアメニティが用意されていないので必要なものをフロントから持っていく方式です。
耳かき、髭剃り、入浴剤と新聞をいただいて部屋へと向かいます。Imgp2469


まるでマンションの中廊下のような形です。Imgp2470


カードキーで部屋に入るとこんな感じです。Imgp2471


仕事をするには役に立たなそうな小さなテーブルとイスです。
テレビはそれなりの大きさのものが備え付けてあります。Imgp2473


浴槽も余裕のある大きさです。Imgp2476


入り口直ぐに洋服掛けと金庫がありました。
照明はカードキーを差し込まないとつかないタイプです。

独立空調タイプだったので、この時期はとても助かりました。Imgp2478


翌朝は、朝食サービスなので、サービス開始5分前に一階に下りました。異邦人の皆様で無法地帯となっていたので、パック詰めして部屋に持ち帰っていただきました。
なかなかおいしゅうございました。

朝食後、おなかが落ち着くまで部屋で休んでチェックアウトするのでした。
団体の異邦人さえいなければ(しかも一組ではない)いい宿だと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーショップ C&C 新線新宿店_1805

Imgp2462


食事も軽くでいいというので、新線新宿改札横のC&Cに入ります。Imgp2463


開店50周年の「BIGチキンカツカレー(780円也)」を辛口にていただきます。
大盛を頼んだわけではないのですが、すごい盛りです。
給仕担当(セントラルキッチン方式なので皿に盛るだけ!)が異邦人の方だったので間違えているのかもしれません。

おかげで満腹です。

関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

Imgp2464


早めの夕食の後は、コインロッカーから荷物を回収して都営新宿西口駅に向かいます。
新宿西口駅からは、大江戸線で新御徒町を目指します。Imgp2465


大江戸線の車内では宮城県職員を募集していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中競馬開催中でした。

Imgp2446


高幡不動にお参りしようかとも考えたのですが、折角なので土地勘のある府中の街へとやってきました。Imgp2447


こちらをまっすぐ進むと200円の関所があって、競馬場に入場することができます。Imgp2456


100円単位で楽しみましたが、何故かこの日もトントンです。

それなりに楽しめました。Imgp2449


脱水症をおこすと大変なので、ビールで水分補給します。Imgp2450


客もちらほらの状態だったので、いろいろ歩き回ることもできました。Imgp2461


ぶうちゃんが頭が痛いので早めに宿に行きたいというので、東府中経由で新宿を目指します。(メインレース終了後は直通で特急が走ります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山といえばとろろそば

Imgp2430


9時45分頃に高尾山口に着いて、山から下りてきたのが12時半ころです。

途中までリフト、ケーブルカーを使って2時間45分程の行程でした。

ちょうどお昼時、参道の食事処はどこも一杯です。Imgp2431


そのまま甲州街道まで進み、街道沿いの店にお邪魔します。Imgp2436


ぶうちゃんは「温かいとろろそば(780円也)」を頼みます。Imgp2437


そして、ミイが頼んだのが「冷たいとろろそば(780円也)」です。

まずまずのお味でした。
参道のお店では900円台から1000円以上していたので、値段もリーズナブル。
おまけに待たずに入れました。

今回利用したのがこちらです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 高尾山口駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山内八十八大師巡り

Imgp2413


下山途中に高尾山内八十八大師巡りをさせていただきました。
まずは大師堂で100円を1円玉百枚パックと両替させていただきます。Imgp2412


四国の砂を踏みしめながら、八十八の大師をお参りさせてもらいます。Imgp2414



三分でお参りができるなどと言っている人がいましたが、心を込めてお参りしたので15分近くかかってしまいました。Imgp2415


薬師如来をご本尊としている寺が多かったです。
昔は病に掛かると、医者に掛かれる者はほんの僅かで、後は神仏頼みだったのでしょう。Imgp2419

天狗にお別れを告げ、下山します。Imgp2423


この程度の山でも、上りより下りの方がきついです。
てなわけで、ケーブルカーの行列を見ると何とか先発に乗れそうです。Imgp2428


詰めてもらって座ることができました。
登りのケーブルカーとすれ違います。Imgp2429


道に迷うことなく、無事下山することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧