旅行_その他

2017初秋京都の旅_16(河原町から伊丹・仙台へ)

Imgp2170


河原町に戻ってきました。Imgp2172


木屋町で記念撮影。
荷物を取り出し、阪急電車に乗り込みます。Imgp2175


茨木市駅で特急から準急に乗り換えます。Imgp2176


南茨木市駅でモノレールに乗り換えます。Imgp2177


太陽の塔が見えたので撮影しました。Imgp2184


チキンラーメンのラッピング車でした。Imgp2190


無事に旅程を終えかけて最後の飛行機のみなので乾杯です。Imgp2195


少し早いけど行列がすごいので保安検査に並びます。
通り過ぎるまで約15分ほどかかりました。これではやばいと当局も思ったらしく、ゲートが増やされました。Imgp2200


行きとは違い、大きめの飛行機です。
エンジンも大きい様で早着です。

楽しい旅でした。

次はどこに行こう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_15(竜安寺・金閣寺)

Imgp2122


竜安寺の門前の茶店で昼食をいただく事にしました。

「天ざるそば」をいただきます。

関東も関西も変わらない味です。Imgp2129


紅葉の季節はすごくいいんだろうな、という竜安寺です。Imgp2130


ここからは靴を脱いで有名な石庭を拝観します。Imgp2132


まずはミニチュアから。Imgp2133


前評判で期待しすぎたからか、仁和寺の方が見た甲斐があったかな?Imgp2144


でも紅葉時期に来たかったと思う立派な庭です。Imgp2148


路線バスに乗って金閣寺へとやってきました。
Imgp2150


結構外国人比率が高い場所です。Imgp2151


なかなかきれいなものです。Imgp2158


もう少し落ち着いて拝観できればよかったのですが、中国人がこう多くては落ち着いてなど無理な話です。

荷物を預けた河原町の駅まで市バスで向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_14(仁和寺)

Imgp2085_2


嵐電の帷子ノ辻駅で乗り換え、御室仁和寺で下車します。Imgp2086


駅の正面に仁和寺の二王門が見えます。
3分程で到着です。Imgp2091


明治・大正の時代に再建された建物らしく、中に入ることもできるし写真に収めることもできます。Imgp2092


素晴らしい襖絵です。Imgp2096


庭石も綺麗に整えられています。Imgp2100

歴史が浅いからかもしれませんが、近くで見ることができて、素晴らしいです。Imgp2101


Imgp2109


明治大正の建物を見た後は、歴史ある建物の外観を見て回ります。Imgp2111


世界遺産に指定されているのだそうです。Imgp2112


確かに歴史ある建物の様です。Imgp2114


水掛不動に水を掛け、もうしばらく世界平和が続きますようにとお祈りします。

さすがは世界遺産です。かなり長い時間参拝させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_13(天龍寺・竹林・野宮神社)

Imgp2049


また、嵐電嵐山駅の方に戻ってきます。
時間とともに人出が多くなってきました。
まずは天龍寺を参拝します。Imgp2062


臨済宗のお寺なので達磨絵があります。Imgp2067


ここの建物は明治維新で焼失して再建したものらしいのですが、庭は嵐山をバックにして素晴らしいです。Imgp2071


庭を愛でながら北門を抜けると竹林が広がっています。Imgp2075


手入れが大変だろうなと思う程の広さに広がっています。Imgp2076


竹林の中に野宮神社がありました。Imgp2078


すごい人出です。伏見稲荷ほどではないのですが、外国人比率もかなり高いです。そのうちの中国人比率もかなりあります。

何とか嵐電嵐山駅まで戻って嵐電に乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_12(嵐電・渡月橋・電電宮)

Imgp2013


四条大宮から嵐電に乗ります。Imgp2014


一両編成の路面電車(専用軌道もあります。)です。Imgp2015


丁度座ったところで出発です。Imgp2021


あっという間に嵐電嵐山駅に到着です。
早めの時間なので、まだそんなに混んでいません。左に折れて5分程進むと渡月橋がありました。Imgp2024


渡り切って河原から眺めます。
まるで木製に見えますが、ちゃんとコンクリート橋なんだそうです。Imgp2027


ちょうど星野リゾートの船が到着するところでした。Imgp2030


まずは電電宮にお参りします。Imgp2036


電波の神様だったはずの電電宮は電気通信の神様になられたようです。Imgp2032


となれば、調布にある、現在では国立コンピュータ専門学校になってしまった電波系の学校に通ったことのあるミイにとっては参拝する価値のある御宮です。
東芝、日立、日電、富士通と、日本の名だたる業界関連会社の名前があります。

現業務で使っている不安定なシステムが少しは安定するようにとお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_11(二日目の食事)

Imgp1850


まずは昼食から

山崎工場のあるあたりは閑静な住宅街、大きなお店はありません。
工場見学の前に腹ごしらえをしておかないと、すきっ腹では酒に呑まれてしまいます。

てなわけで、工場近くにある「かぎ卯 」さんへお邪魔しました。Imgp1846


先客は中国系の一組のみ。

かつ丼とざるうどんのセット(1010円也)を注文いたします。Imgp1849


それほど待たずに注文の品が出来上がりました。

つけ汁は関東風も関西風も無く、そのままなめればしょっぱい物です。
関東圏ならざるそばになる処がうどんなのでしょうか?かつ丼のかつは生姜焼き用の肉程度にスライスされています。
味は若干薄口でしょうか?

量は、両方合わせて1.5人前というところでしょうか?

おいしゅうございました。Imgp1987


そして晩飯は、本当は千ベロのお店に行くはずでしたが、既にべろんべろん!
〆のラーメンにします。
天下一品 京極店へとやってきました。
ビルの半地下にあるこじんまりとした店です。

Imgp1988


天下一品こってり並(700円也)をニンニク入りでお願いします。
本場の天一は先にニンニクをオーダーする方式です。後入れのこむらさき系列とは違うので注意が必要なうえ、味の変化は楽しめません。Imgp1990


標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。
お味の方は
若干こむらさき系の麺の方がいいかな?
スープはどちらも変わらない感じです。

150円の差があるので京都の勝ちとします。

関連ランキング:うどん | 山崎駅大山崎駅

関連ランキング:ラーメン | 河原町駅祇園四条駅三条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_10(伏見稲荷)

Imgp1950

京都で乗り換えて伏見駅までたどり着きました。
結構いい気分なのでホテルに戻ってもいいかな?という感じなのですが、東横インは16時まで部屋に入れません。(この時間で15時15分頃です。)Imgp1954

Imgp1959


外国人比率の非常に高い神社です。
「外国人が選ぶ日本の観光地1位」なのだそうです。Imgp1961


白人系はいいのですが、中国人は途中で急に立ち止まるは、急に自撮り棒を振り回すはなので、近づかないようにしないと危険です。Imgp1962


鳥居の入り口は記念撮影する中国人で塞がってしまっています。Imgp1965


右側通行と各国語で書いてあっても中国人には無駄の様です。Imgp1974


おもかる石です。
軽く持ち上げられれば願いが叶うそうです。
中国人に頭に来ていたので、軽々とまではいきませんでしたが予想よりは軽く持ち上がりました。
これで、そのうち宝くじで一等を当てる事が出来そうです。Imgp1980


たまたまタイミングよく、誰もいない場面を撮影できました。
きっと何かいいことがおきるでしょう。Imgp1984


帰りは京阪電車で祇園四条まで向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_9(山崎蒸溜所ツアー ②)

Imgp1914


作並や余市のニッカ蒸留所は木造の貯蔵庫が並んでいたのですが、サントリーはコンクリート造りの貯蔵庫となります。Imgp1917


しっかりと栓がされています。Imgp1925


これでもかと積み上げられています。Imgp1927


工場見学はここまで!
残りは美味しいウィスキーの呑み方を学びます。Imgp1932


左からオーク樽の12年以上、若い原酒をワイン樽で半年ほど寝かせたもの、山崎(水割り用)、山崎(ハイボール用)です。
美味しい飲み方、50:50での水割りで樽の違いを利き酒した後は、ブレンドされた山崎を味わいます。
最後にハイボールの作り方を教わって終了となります。Imgp1939


つまみも厳選されたものが出てきます。(食品工場なので乾き物ですが。)Imgp1941


さて、今度は有料試飲になります。
山崎ニューポット、響21年、山崎12年シェリー樽をいただきます。
ぶうちゃんが一口口をつけただけで呑まないので、結局自分一人でほとんどを飲みました。
この日の夜の予定はキャンセルと相成りました。(一次会:千ベロの店「すいば、二次会:アイラモヒートの予定でした。)
頑張って山崎駅を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_8(山崎蒸溜所ツアー ①)

Imgp1832





阪急電車で大山崎へやってきました。山のふもとには山崎工場が見えます。Imgp1835


改札を抜けると、山崎工場への道案内がありました。Imgp1851


約10分ほど歩いてJRの踏切を渡ると山崎工場がありました。Imgp1852


受付で参加費1,000円を支払い、名札を首からぶら下げます。

ツアーの時間まで山崎ウイスキー館を見学します。Imgp1862


ニッカの余市工場や作並工場とは違い、山崎ウイスキー館は見学のみの場合でも予約(無料)が必要となっています。Imgp1867


サントリーの歴史が学べますが、創業時の功労者、竹鶴政孝の事には一言も触れられていません。Imgp1869


山崎のウィスキーだけかと思ったら、サントリーに買収されたボウモア酒造やラフロイグ酒造の酒も保存されていました。Imgp1873


Imgp1887


時間となりツアーが始まります。
外国人比率が高く、7割近くが外国人です。
そのうちの8割近くが白人です、ジャパニーズウィスキーの人気が窺えます。Imgp1889


工場の中の道は公道だそうで、案内中も車に気を付けるように言われます。Imgp1895


最初は仕込と発酵から見学です。Imgp1897


Imgp1904


で、次は蒸留。
スチルポットは全部で12基あるそうです。Imgp1909


常時すべてのスチルポットを使っているわけではないらしいのですが、この時は全て稼働していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017初秋京都の旅_7(三十三間堂と八坂神社 )

Imgp1794





二日目の朝、京都駅まで出てきました。
三十三間堂行きのバスに乗ります。Imgp1796


バスを降りて反対側にありました。Imgp1800


堂内は撮影禁止のため外観写真になります。Imgp1803


長すぎて一枚の写真には収まり切りません。Imgp1807

三分割でやっと写真に収める事が出来ました。 修学旅行生は多かったものの、ゆっくりと拝観する事が出来ました。Imgp1824


三十三間堂の次は、またバスに乗って祇園まで来ました。
八坂神社へ参拝です。Imgp1816


参道が曲がりくねっているのは四条の通りを拡幅したからとブラタモリでやっていたのを思い出しました。Imgp1819


ここでは早くも巫女さん募集を始めています。Imgp1822


Imgp1821


「宝くじが当たりますように。」と「世界平和」を祈ります。

その後、本日のメインイベント!サントリー山崎蒸溜所「山崎蒸溜所ツアー」に参加するため、阪急河原町から大山崎を目指すのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧