旅行_その他

はやま温泉 コージーイン_1903(其の参)

Imgp3011 こちらは貸し切り制の石露天です。

脱衣場は二人でぎりぎりという感じです。Imgp3012 浴室は広く、部屋風呂と違ってゆったりと入れます。
お湯の投入量が多いためか、部屋風呂と違って熱めの温度設定です。
夏場はガラスを外して露天風に楽しめます。Imgp3013 カランも広々と二つ。

ゆったりと入浴できます。Imgp3066 こちらは貸切制の檜露天。

脱衣場は石露天よりほんの少し広く感じました。
おそらくそう感じただけで実際は同じ広さだろうと思うのですが、風呂との境がガラスで素通しのため、広く感じるのでしょう。Imgp3068 部屋風呂と同じように桧の浴槽ですが、こちらの方が広いのでゆったりと入浴できます。
Imgp3062 カランは二つ。

こちらも広々と使えます。

貸切制とはいえ、他の客の都合もあるのでと今回は温泉部屋風呂付の部屋にしたのですが、この日はなんと我々だけの宿泊でした。

ここまでわかっているのなら、普通の部屋でもよかったと思ってしまうのは貧乏人の性なのでしょう!

| | コメント (0)

はやま温泉 コージーイン_1903(其の壱)

Imgp3087 猪苗代の コージーイン へお邪魔しました。

スキー場はつい昨日まで営業していたとの事で、道のわきには雪が残っています。何とか夏タイヤで頑張ってここまで来ました。Imgp3086 インターフォンのスイッチを押すと「ようこそいらっしゃいました。どうぞお入りください。」とのことで早速中に入ります。Imgp3074 ネットで申し込んでいるので宿帳の記入は省略の様で、さっそく部屋に案内されました。

こちらのペンションは三度目になります。二度目に泊まった時の温泉風呂付の部屋が気に入ったので、その部屋へのリピートとなります。

料理も美味しいうえに適量なので、言う事無しの大満足の宿です!


 

| | コメント (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_11(セントレア)

Imgp2936





神宮前から名鉄特急でセントレアに移動しました。
伊丹や千歳に比べると空いているのでいいですね。
まずは屋上からの眺めです。

滑走路は一本のようです。それなりに離着陸があります。Imgp2942


繁忙時間帯ではないようで国内線はこんな感じ。Imgp2945


九月とは言え暑いので館内に入ります。Imgp2948


国内線搭乗口はこんな感じ。手荷物検査も保安検査もレーン数が多い割に利用客が少ないのでほぼ待ち無しです。Imgp2950


動く歩道で搭乗口No4に向かいます。Imgp2951


出発時間が近づくにつれ、人が増えてきました。Imgp2957


搭乗開始です。Imgp2959


ジェット機なのであっという間に仙台へ到着です。Imgp2964


結び丸に先導されて手荷物が流れてきます。

楽しかった旅も無事終わりました。

今度はどこに行こうかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_10(熱田神宮)

Imgp2911


名古屋駅から名鉄に乗って神宮前まで移動します。Imgp2914


あっという間に神宮前につきました。Imgp2915


歩道橋を渡れば(渡んないで横断歩道で行くけど)熱田神宮です。Imgp2918


東門から参拝します。Imgp2922


参道の補修工事をやっていたので若干ですが狭くなっています。Imgp2923


まずはお清めをします。Imgp2924


お神酒が奉納されています。Imgp2926


結婚式を挙げる一団と遭遇。
おめでとうございます。Imgp2927


世界平和と今年こそ宝くじの一等当選を祈願します。

Imgp2934


いつの間にか先ほどの一団が挙式の式場に勢ぞろいしました。
ここでは公開されての挙式となるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_9(名古屋城)

Imgp2856Imgp2860





メ―グルに乗って名古屋城にやってきました。
始発の名古屋駅とここには笛吹童子(バス会社非乗務案内職員。誘導用の笛を携帯しているためこう呼ばれる)がいました。
入場料はメ-グル割で450円になりました。Imgp2857


金の鯱鉾がありました。
残念ですが天守閣は木造化改築工事が始まったばかりで入れなくなってしまいました。Imgp2864


本丸御殿がようやく完成したというのでそちらへ。Imgp2870


大名などの客人を通す部屋のふすまは虎とか威勢のいいものが描かれているそうです。Imgp2873


Imgp2874


一方で普通に過ごす部屋は風景などが描かれているのだそうです。Imgp2882


天井や欄間なども凝った造りです。Imgp2888


Imgp2894


天守閣をバックにコンサートが開かれるらしく、準備の真っ最中でした。Imgp2902


またメ―グルに乗り込みます。Imgp2904


ここからは車窓からの観光にします。(単に歩き疲れたためです)
文化のみち二葉館Imgp2905


久屋大通では台風で倒れて通行止めの原因となった木の前で止まってくれました。Imgp2906


オアシス21Imgp2909


6月に閉店した丸栄百貨店

出発地の名古屋駅に帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_8(モリタケの森)

Imgp2835


ちょうどメ―グルが来たのでそれに乗って、次のモリタケの森まで移動します。
写真は工場がここにあった時の煙突をモニュメントにしたものだそうです。Imgp2836


工場跡地をうまく利用しています。Imgp2840


ここにあるレストランキルンでは、ノリタケの食器で洋食を食べられます。
「ガーデンランチ(2590円也)」をいただきます。Imgp2841


ピアノの横の席に通されました。(演奏はしていません)Imgp2842


まだ若干の余裕があると思っていたのですが、あっという間に満席になりました。Imgp2843


茄子のフォンダンポシェしたモンサンミシェルのムール貝と共にImgp2844


鰹の瞬間 タタキ奈良漬の和風ラヴィゴットソースImgp2846


南瓜のポタージュ マドラスオイルの香りImgp2847


Imgp2850


パンとオリーブオイルImgp2849


三元豚のロースト シードルソースImgp2851


本日のデザート コーヒー

大変おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_7(トヨタ産業技術記念館)

Imgp2770


せっかく名古屋に来たんだったら「モーニング」食べていきんしゃい。
めんどくさがってホテルの一階の喫茶店でモーニングをいただきます。Imgp2773


飲み物の値段でトーストとゆで卵がサービスです。
ホットコーヒー(ブレンド)に小倉トースト(ジャムも選べる)を頼みました。Imgp2778


その後、荷物を名古屋駅のコインロッカーに預け、市バス乗り場を目指します。Imgp2779


名鉄バス乗り場同様、ビルの中にバス乗り場があります。Imgp2780


かなりの広さです。Imgp2782


メ―グル一日乗車券を買ってメ―グルに乗ります。

最初の停留所「トヨタ産業技術記念館」で下車します。
入場料は500円也。
事前情報によるといくら急いでも2時間たっぷり楽しめるそうです。Imgp2785


まずはトヨタ自動織機の歴史から。Imgp2788


中国人の団体に近づかないように注意しながら見学です。Imgp2792


彼らが集団移動する場合、中に取り残されるとぶつかられるは怒鳴られるは、彼らは常に自分が一番ですから。Imgp2797


機械の実演をしてくれるのが良いですね。
しかも結構な数の説明員。
なかなか前へ進めません!Imgp2806


次は自動車のコーナー。
まずは鋳造の実演です。Imgp2808


自動織機で一山あてた豊田家の息子が、これからの世の中は自動車だと言って施策を始めたのが自動車部なのでそうです。Imgp2815


一階に下りてくるとそれぞれの時代の代表的なトヨタ車が展示してありました。Imgp2820


自分で働きだしたら買いたいなと思ったセリカがありました。(最近のっているのはホンダ車だけど)Imgp2822


展示用のレプリカではなく、本物を展示してくれているようです。
ここでも実演があります。Imgp2823


プレス機を動かすと、建物に大きな音が鳴り響きます。Imgp2826


そして最近はやりの自動組み立て溶接機。Imgp2831


溶接が済んだら今度は塗装です。
たっぷり二時間楽しみました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_6(鳥羽)

Imgp2692


おはらい町で昼食の後は五十鈴川駅から近鉄特急で鳥羽を目指します。

鳥羽湾めぐり観光船でイルカ島に渡ってみます。Imgp2695_2


約5分ほどで鳥羽マリンターミナルへやってきました。
鳥羽湾遊覧をしながら、途中でイルカ島によってイルカやアシカのショーを楽しめるという観光船があるのでそれに乗船します。Imgp2699


船着き場に船がやってきました。Imgp2700


それほど大きい船ではありませんでしたが、内湾なのでほとんど揺れません。Imgp2704


ものの10分程でイルカ島へやってきました。Imgp2705


イルカは供給もとの太地町でのイルカ漁への風当たりが非常に強くなってきているため、世代交代が行われていないようです。Imgp2707


まもなく山頂近くのかもめ劇場でアシカのショーが始まるというので別料金(600円也)のリフトで山頂を目指します。Imgp2709


徒歩では7分程とのことですが、若者は7分でも中高年は10分かかって次の日はぎっくり腰となるような予感がしたので仕方がありません。Imgp2711


山頂からの景色も見れたので良しとします。Imgp2714


いよいよアシカのショーが始まります。
ひなたちゃんが芸を披露してくれます。Imgp2717


直近まで来て芸を披露してくれます。Imgp2725


本気になればジャンプもできるんです。Imgp2727


ボールを持ったまま三脚を乗り越えます。Imgp2737


ボールの色のバスケットにボールを入れます。
約15分くらいのショーでしたが、なかなか上手に出えきました。
ひなたちゃんに拍手です。Imgp2751


山から下りてイルカのプールを見てみます。
2匹しかいないようです。寂しい限りです。

その後、遊覧船で鳥羽湾を遊覧して戻ります。Imgp2765


近鉄特急で名古屋に向かいます。

ホテルのある伏見に着いたのが19時近くになりました。出歩く気力もないので、ホテルの横の「どんどん庵 伏見店」で食事にします。Imgp2767


「かつ丼+うどん(小)520円+220円=740円也」をいただきます。
サクサク感のあるおいしいかつ丼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_5(お伊勢参りの3)

Imgp2672





ちょうど12時過ぎの良い時間となりました。
おはらい町とおかげ横丁を散策しながら昼食場所を探します。Imgp2677


有名スポットに引っかかってしまいました。Imgp2681


いい感じのお店です。Imgp2680


店の右側は酒の小売り、左側で立ち飲みをやっています。Imgp2678


みいは純米吟醸の一合をいただきます。Imgp2679


ぶうちゃんは梅酒をいただきます。
最初の一口はそのまま常温で、残りはロックでどうぞとの事でした。

一合は多すぎたかな?Imgp2683


散策を続けます。
おかげ横丁は雰囲気が良かったのですがチャイナタウン化していたのでパスし、おはらい町の岩戸屋参宮亭で昼食にします。Imgp2690


「秋ランチ(1500円也)」をいただきます。
鮪は普段食べているものと違ってあまりおいしくありませんでしたが、土瓶蒸しは美味しゅうございました。
栗おこわも上手にできています。

観光地の割には値段も手ごろで美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018台風通過後の名古屋・伊勢の旅_4(お伊勢参りの2))




Imgp2609


皇大神宮の入り口「宇治橋」へやってきました。Imgp2613


外宮は左側通行でしたが内宮は右側通行となります。Imgp2615


「神苑」は手入れが行き届いています。台風通過直後とは思えません。Imgp2616


神々しいとはまさにこのことです。Imgp2619


「手水舎」で身体を清めます。Imgp2622


さらに「御手洗場」へ。Imgp2624


五十鈴川の流れは台風直後なのに澄んでいます。Imgp2635


「御贄調舎」は神様にお供えするアワビを調理する場所です。Imgp2636


まもなく「正宮」です。
階段下までしかカメラは許されていません。Imgp2639


ちゃんと階段下から撮影します。
中国人とは違いますから!
日本国の繁栄に感謝します。

Imgp2642


内宮のパワースポット「大杉」です。
こちらでもパワーをいただきます。Imgp2644


「御稲御倉」です。

Imgp2645




「外幣殿」です。Imgp2649


「荒祭宮」にお参りしようとしていたところ、横から割り込みのおばちゃんが現れました。残念なことに日本語を話しているので中国人ではないようです。
「こいつらにバチが当たりますように。」とお祈りします。Imgp2652


川を渡り「風日祈宮」にお参りします。Imgp2656


こちらでは割り込みもなく、心穏やかにお祈りできました。Imgp2627


「内宮神楽殿」で御朱印を授かります。Imgp2661





「御厩」を覘いてみましたが神馬は出張中のようで、ここにはおりませんでした。Imgp2670


宇治橋を渡って内宮参拝は終了となります。
ここまで生きてこられたことを感謝し報告させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧